50代から骨粗鬆症の心配をするべきです!

2016年09月15日

年齢ごとの骨量変化

男女ともに30代前後がもっとも骨量が多くなるピークで、そこからはなだらかな下り坂となり、80代にもなればピーク時と比較して20%くらいにまで減ってしまいます。

これが骨粗鬆症です!とくに女性は閉経後ホルモンの関係で骨が減りやすくなります。




posted by shinto at 10:43 | 日本人のカルシウム不足