魚からEPAを沢山摂っていたイヌイット族は出血しやすかった!

2015年06月30日

最近、さかんにEPA・DHAのサプリメントが宣伝されていますが、これは青魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸(オイルの一種)です。

EPA・DHAが健康に役に立つと注目されはじめたのは、1971年(昭和46年)より、デンマークのダイアバーグ博士たちによって実施された疫学的調査研究がきっかけでした。エスキモーと呼ばれていたイヌイット達は、狩猟民族であり、昔からアザラシを捕って主食とする独自の食文化をもっています。そのイヌイット族と、デンマーク人とで食生活が健康に及ぼす影響を研究したのです。

まず最初に注目されたのは、イヌイット族に急性心筋梗塞の発症が少なかった。出血傾向がみられる(血液がサラサラして、ひとたび出血すると止まりにくい)ということから、イヌイット族の食生活に注目が集まることになったのです。

posted by shinto at 13:37 | 動脈硬化にオメガ3(EPA・DHA)