プロテインは食後血糖値を抑えることができる!

2014年03月24日

驚くことに、毎日の食事が「老化物質」を発生させているというのです。
私たちの体を構成している細胞は、食事から摂取した「糖(ブドウ糖)」をエネルギーとして生命活動を営んでいます。このため、血液中には空腹時でもおよそ100mlの血液に対して80〜100mgのブドウ糖が含まれています。これを血糖と呼びます。

この血糖が体内のたんぱく質と反応することを「糖化」といい、この反応によってできた物質のことをAGEs(Advanced Glycation End-products:糖化最終生成物)といいます。
AGEsが細胞にくっつくと、細胞の機能は低下し、老化や各種の病気の原因となるのです。


AGEsのグラフ.jpg


AGEsを蓄積させないようにするためには、食後の血糖値をいかに上昇させないかなのです。

糖化するのは、血液中に過剰な糖分が多くなり、「血糖値」が高くなるから。では、血糖値が高くないからと安心できるでしょうか?
大抵の人が血糖値を測定するのは、健康診断などです。この場合、空腹時に計測しているので、「私は血糖値が低いので大丈夫!」というわけにはいかないのです。糖化に関しては、空腹時の血糖値ではなくて、“食後の血糖値”だからです。

私たちの身体は、食事をすると血液中に糖分が増加(血糖値が上昇)し、それをエネルギーとして体を動かしています。この血糖値は食後およそそ45〜60分でピークになり、さらに、その後2時間ぐらいで通常の血糖値に戻ります。
ところが、食後の血糖値が高すぎたり、通常の血糖値に戻るのに手間取ったりすると、エネルギーとして使われなかった余分な糖が「糖化」を引き起こすのです。


食べ方による血糖値の変化グラフ.jpg


上の図を見てください。Aの線は「糖分や炭水化物」が多い食事をしている場合の血糖値の変化です。またBの線は、なるべく血糖値を上げない食べ方をした場合です。

Aの線だと、食後すぐに高血糖になり、過剰にインスリンが分泌されるので、その後、急激に下がって低血糖になります。このため再び空腹感に襲われてしまいます。
この時に、甘いお菓子や手軽に食べられる菓子パン、ハンバーガー、フライドポテトなどの、いわゆるジャンクフードに手を出せば、再び血糖値は急上昇します。

この例は極端かもしれませんが、Aの線のように高血糖と低血糖が乱高下するような食べ方をしていると、ますます糖化を促進する状態になってしまうのです。

では、どうしたら血糖値の上昇を緩やかにできる食べ方になるのでしょうか?

そもそも現代の食事は、糖分と炭水化物、脂肪が過剰で高カロリー。一方で、良質なたんぱく質、ビタミン、ミネラルが不足しがちです。このようなアンバランスな栄養状態では、よけいに過食になりやすいのです。


栄養のバランスは桶状態.jpg


現代の食事の栄養状態は、まさに上の絵のような“桶”。組んだ木の長さは凸凹状態、中の水は漏れてしまっています。
つまり「中の水」とは、血液や細胞であり、免疫力や自然治癒力など。もっと広い意味で言うと、人間の生命力全般に関わることなのです。

これを修正するためには、“出っ張り過ぎた木”である糖分や脂肪などを低くしてカロリーを低下させ、ぎゃくに“引っ込みすぎた木”である良質たんぱく質、ビタミン、ミネラルを高くする必要があります。
そこで利用できるのがプロテインを主体とした栄養補助食です。

現代の食事では、日々の栄養バランスがちゃんと摂れているか否かは定かではありません。
そこで、『サプリタイム』のようなプロテイン、ビタミン、ミネラルを総合的に配合したサプリメントを利用すれば、日々の栄養バランスを確実に計ることができます。すなわち凸凹状態の桶を正常な桶に修正することができるのです。

サプリタイムの1食のプロテインには、牛ステーキの100g分に相当するたんぱく質が含まれています。カロリーは100Kcalと、ご飯1/2膳程度しかありません。

さきほどの「食べ方による血糖値の変化グラフ」を見てください。サプリタイムを朝食と昼食に利用し、夕食をたっぷり食べるBOSS法の食事(Cの線)では、血糖値の上昇をかなり低く抑えることが可能になるのです。
結果として「糖化」が少なく、老化防止につながります。

高齢の方ほど、『サプリタイム』の利用をおすすめするのはこのためです。







ココア箱と3袋改-2.jpg

栄養バランスをはかる 「サプリタイム」 →


posted by shinto at 10:46 | 栄養補給にはプロテイン!