肩こり、頭痛も「カルシウム不足」を疑え!

2013年04月18日


筋肉の収縮は、カルシウムが筋肉細胞に入り込んで起きます。

カルシウム不足の生活が続くと、なんと血液中には逆にカルシウムが増えてしまうのです。
血液中には、ある一定濃度のカルシウムがないと生命を維持することができません。
このためカルシウム不足になると、カルシウムの貯蔵庫である“骨”から、血液中にカルシウムが溶かし出されるようになります。

この溶かし出されたカルシウムが筋肉中に入り込むと、筋肉が収縮し“けいれん”を引き起こすようになるのです。

この影響で血管が縮み、血行が悪化して“頭痛や肩こり”に!

マンガ1,2.jpg
マンガ3.jpg
マンガ4,5.jpg

さらに、この状態が長く続くと続くと、骨がスカスカとなる「骨粗しょう症」にもなってしまいます。
現在、全国の要介護者数は400万人を越えています。

女性の寝たきり要介護の原因の第二位は骨折(骨粗しょう症)です。
ちなみに、第一位は「脳血管疾患(脳梗塞)」です。

とくに女性のカルシウム不足は注意しなければなりません。
理想的な1日のカルシウム摂取量は1日1000mg〜1500mgです。
S113P14

顆粒スティック1本で400mgの天然のカルシウム補給。「珊瑚の恵」
posted by shinto at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病の予防