お酒は太るか? 『お酒と肥満の関係』

2012年12月04日


質問:お酒は「エンプティーカロリー」と聞いたことがありますが、お酒は肥満の原因になりますか?

答え:結論として、お酒は太る原因となります。

エンプティーというのは、“栄養は空っぽ”という意味で、カロリーが無いわけではありません。

お酒のカロリー.jpg

お酒(アルコール)の飲み過ぎが“脂肪肝”に至るプロセスを説明いたしましょう。

アルコールは肝臓で主にアルコール脱水素酵素ADH(一部は肝ミクロソーム-エタノール酸化系MEOS)によって代謝されます。
また、アルコールはADHによってアセトアルデヒドになり、アセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)によって分解され「酢酸」になります。

酢酸からはアセチルコリン-CoAが生成され「脂肪酸」が合成されます。つまり、アルコールを飲み過ぎると高脂血症になるのです。アルコールは熱源(カロリー)となるだけでなく脂肪にも合成されるということですね。
 
さらに、アルコールは体の中の脂肪酸を肝臓に集める働きがあります。
アルコールを飲み過ぎるとアルコール処理で疲れた肝臓は脂肪酸を処理できずに、再び肝臓内で中性脂肪に合成されて蓄積します。これが脂肪肝の原因です
この現象はご飯などの糖質を食べずにアルコールだけを飲んだ場合でも起こります。

お酒⇒高脂血症.jpg

つまり、アルコールの摂取はそれだけで肥満と脂肪肝の原因となるのです。

一方、生成されるアセトアルデヒドには強い毒性があり体にさまざまなダメージを与えます(各種臓器の細胞障害、免疫異常、ガンなど)。
肝ミクロソーム-エタノール酸化系MEOSの代謝においても活性酸素がつくられ細胞傷害を引き起こします。アルコールの種類による差はまったく無く、問題はアルコールの摂取量なのです

忘年会シーズンになりました。このようにお酒は肥満の原因となるばかりでなく、健康をも害し、また酒酔い運転などの危険性もあります。くれぐれも節度ある飲酒を心がけていただきたいと思います

BOSSダイエット法なら、夕食はしっかり食べられますし適度にお酒を楽しみながら体脂肪を減らしていくことができます。
メタボ解消、中性脂肪が問題となっている方には、理想的なダイエットです。
栄養補給をしながら、カウンセラーのアドバイスを受けながら安心して取り組めます!

そら オリジナルサプリメント&スキンケア →

メタボ解消に。BOSSダイエット →


posted by shinto at 17:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病の予防