神経細胞の働きにカルシウムは重要

2012年09月18日

神経細胞の働きに重要 浜松医科大名誉教授 高田明和教授の話より転載

カルシウムといえば骨、骨といえば骨粗しょう症というくらい、骨にとってカルシウムは大事である。しかしカルシウムは骨の維持に重要なだけではない。細胞の働き、とくに神経の働きに欠かせないのである。
細胞の中でカルシウムは重要な働きをしているため、普通は細胞内の濃度は極めて低く抑えられている。骨中のカルシウム濃度を1とすると、血液中にはその1万分の1、細胞内ではさらにその1万分の1にすぎない。
 
ところが細胞、とくに神経が興奮すると細胞外から細胞内にカルシウムが入ってくる。するといろいろな酵素が活性化され、細胞内の物質の放出、細胞の形の変化、筋肉なら収縮などが起こる。カルシウムが足りなくなると、骨のカルシウムを細胞の方に回そうとするので、骨は弱くなる。神経や筋肉はカルシウムが足りなくなると、細胞内の貯蔵庫からカルシウムを放出させて使おうとする。その結果、筋肉、神経の異常興奮が起こる。カルシウム不足でイライラするのはこのためだ。

シナプスのしくみ.jpg
カルシウムは神経伝達物質

カルシウムを食べ物から摂取することは極めて大事だ。しかしカルシウムをとれば、体の中に入って使えるというものでもない。北欧の日照量の少ないところで生活している人は活性型ビタミンDが不足する。するとカルシウムを腸管から吸収することができにくくなる。カルシウムを含む食べ物を多くとってもカルシウム不足になり、骨の発育が悪くなる。
 
欧米に比べ日本人はカルシウム摂取が少ないのに、骨折は少ない。これは私たちの体質がカルシウムを有効に使っているということを示している。日本ではいま530ミリグラムのカルシウムが摂取されているが、600ミリグラムの摂取が勧められている。一方、米国では1000ミリグラムが勧められている。
 
カルシウムは何からとったらよいか。昔から牛乳はカルシウムの補給によく、吸収がよいとされてきた。しかし最近、吸収されにくいとされた魚の骨などのカルシウムも意外によく吸収されることが分かった。小腸の上皮細胞の近くは酸性が強く、カルシウムがイオン化し、吸収されるのである。カルシウムは脂肪酸と一緒に摂取すると吸収されにくいということも分かった。欧米の食が脂肪を多く含んでいることが欧米人のカルシウム不足の原因、骨折が多い理由かもしれない。







化石サンゴカルシウム「珊瑚の恵」→

恵120本.jpg


恵の中味.jpg
顆粒状で水無しでも飲めます。メントール&ミント味。お茶やコーヒーなどと召し上がっても構いません。




posted by shinto at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | カルシウム

これほど重要なカルシウム!

カルシウムは主に骨や歯の主成分であることは、知られていますが、それ以外にも生命活動に欠かせない重要な働きがあることは、あまり知られていません。

人体はよく小宇宙と言われるとおり、カルシウムが人体にとってなくてはならない存在なのです。カルシウムの働きは、人体の受精から始まります。

クリックすると大きくなります↓
カルシウムの働き図解.jpg
東京大学教授 折茂肇 、神戸大学教授 藤田拓男


■受精
男女の精子と卵子にカルシウムがなければ受胎は完結しません。 不妊対策や健康な子供を作るのにカルシウムは欠かせません。
■細胞分裂
受胎が終わると細胞分裂を繰り返し、 段々胎児になっていきますが、 カルシウムが不充分では健康な細胞はできにくい。
■出産・陣痛
妊娠中の 「つわり」 「妊娠中毒」 「高血圧」 「腎不全」 等の合併症はカルシウム不足が原因と考えられます。 規則正しい陣痛には充分なカルシウムが必要です。
■造血
脳を発育させ、 血液を作る、 子供の成長や、 また母体には特にカルシウムが必要です。
■造骨
歯や骨を作るのはもちろんカルシウムが必要ですし、 強い細胞を作ることにも必要です。
■白血球のバイ菌貧食
白血球がバイ菌を食べていくにも、 免疫力を高めることにもカルシウムは必要です。
■心筋・筋肉の収縮
筋肉細胞にカルシウムが入ると、その筋肉は収縮し、カルシウムが細胞から出ることによって、筋肉が弛緩(ちかん)ゆるむことになります。心臓などは、この繰り返しによって、寝ている時でさえも絶えず、収縮・弛緩運動によって働いていることになり、私たちは生かされているといえます。他の臓器の筋肉も同様です。
■情報伝達・電気的興奮
カルシウムが、 細胞の中に入って電位差が生じることにより、 情報を伝えたり、 命令を発します。 イライラする状態などはカルシウム不足の表われといわれます。
■ランゲルハンス島の機能低下
ホルモンの分泌の調整を行うにもカルシウムが必要です。 代表的な働きに、 すい臓からインスリンというホルモンが分泌されるにはカルシウムが必要となります。 糖尿病は、 カルシウム不足も関係していると思われます。
■酵素の働きを助ける
人体の機能が働くために必要な様々な酵素の働きを助けるのはカルシウムです。
■細胞の電子量の増減
飽食時代、 バランスの崩れ、 運動不足、 ストレス等で常に体が酸性化に傾いています。 体質改善にはまずカルシウム不足を補うことが基本です。
■動脈硬化
カルシウム不足により体内が酸性化し動脈硬化、 高血圧、 その他の病気につながる可能性が指摘されています。
■ガン
カルシウムがガン細胞の増殖を抑制します。
■記憶 (脳)
カルシウム不足により骨から溶け出したカルシウムが、 脳細胞に入ると痴呆・アルツハイマー等の記憶障害が起こる疑いも指摘されています。
■血液凝固
血液を固まらせるにもカルシウムは必要です。 最近、 歯医者さんで抜歯の時、 血が止まらない患者さんがいると聞きました。 カルシウム不足が原因となっている可能性があります。
■正眼体
目の働きが弱くなったり、 白内障もカルシウム不足が原因のひとつとされています。
■血管内のカルシウム沈着による肺機能の低下
カルシウム不足になると、 自分の骨から溶け出したカルシウムが血管に沈着して、 酸素を充分に運ぶことができなくなります。








恵120本.jpg

恵顆粒.jpg

珊瑚の恵 詳しくは →






posted by shinto at 11:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | カルシウム

1日に1回しか歯を磨かないひとは認知症になる可能性が65%

朝起きて着替えて化粧をしてご飯を食べていたら、もう時間がない! 急いで会社に出勤して、ランチの時間はサッとデスクでサンドイッチを食べ黙々と仕事。夜、帰宅してご飯を食べお風呂に入って寝る前に歯磨き。
こんなふうに、1日1回しか歯磨きをしないひとは、なんと将来ボケやすいことが判明しました。
歯磨きが1日1回と3回のひとを比べると

カリフォルニア大学の研究で、きちんと歯を磨くと記憶力のアップにつながることが判明しました。

研究者らは18年間 5,500人の高齢者を継続的に調査しました。その結果、1日に1回しか歯磨きをしなかったひとは1日3回歯磨きをしたひとに比べて、認知症を発症する可能性が65%も高くなることがわかりました。つまり、認知症になった女性のうち4.5人に1人が1日に1回しか歯磨きをしていなかったという計算です。

さらに、一般的な認知症であるアルツハイマー型認知症になったひとのほとんどが歯周病にかかっていました。これは、歯周病菌が脳に到達したとき、神経の炎症や脳損傷を引き起こすためだと考えられています。

アルツハイマー協会のジェシカ・スミス氏は「口腔衛生や歯の健康状態と認知症にはなんらかの要因があると考えられてきましたが、この関連性を証明する十分な研究がなされていませんでした。しかし、今回の研究でそれが明らかになりました」と語りました。

カンザス大学のアンバー・ワッツ氏は「今回の研究では調査の対象になりませんでしたが、頭部外傷や栄養失調によっても歯を失うことはあります。これらも認知症になる可能性を上げることになります」といいます。

研究者らのアドバイスによると、「毎日の口腔ケアや入れ歯、義歯の使用は認知症のリスクを減らすことができる」そうです。

健康のためにも歯磨き必須!

アンバー・ワッツ氏が「歯磨きをすることは間違いなく認知症からあなたを守ることにつながります」と述べるとおり、歯の健康は認知症だけではなくさまざまな病気につながる可能性の大きいようです。

歯磨きとの関連が報告された病気は認知症だけではありません。例えば、歯周病は心臓発作や脳卒中を引き起こす可能性も高くなるのだそうです。

「芸能人は歯が命」とはよく言いますが、芸能人だけでなく一般人にとっても歯は命、ですね。

アメーバニュース 2012.9.16