ヒール靴でかえってスタイルは悪くなる

2012年06月18日

ヒール靴をはくほどスタイルが悪くなる (日本ウォ−キング学会会長 池田克紀教授 )

多くの女性はヒールのある靴を好み、それを日常的に履いている人も多いですが、実は最近、ヒール靴による腰痛などのトラブルを抱える人も増加しています。自分が猫背だと自覚している人は全体の6割近くで、その中で「むくみ」や「外反母趾」などの足トラブルを抱えている人も半数以上。ヒール靴は我々が思っている以上に、体への影響が大きい。

姿勢が悪い若い女性イラスト.jpg

姿勢が悪くなる注釈つきイラスト.jpg

日本ウォ−キング学会の会長でもあり、東京学芸大学生涯スポーツ・ウェルネス研究室の池田克紀教授によると、ヒール靴が体に及ぼす影響は思いの外大きいよう。

――ヒール靴は華やかに見える一方で、履き続けると腰痛や肩こりなど体に不調が表れたり、椎間板ヘルニアになる人も多いと聞きますが?

池田克紀教授(以下、池田) その通りです。もともと人間は裸足歩きだったため、それに適した体の仕組みになっているのです。それなのにヒール靴を履き続けるせいで、姿勢がゆがんでいき、外反母趾はもちろん、むくみ、肩こり、重症な場合には椎間板ヘルニアにもつながります。
 
――裸足歩きとヒール靴を履いて歩くことでは、それほど体への負担が違うんですか?

池田 裸足歩きの特徴は、不安定な地面の上を歩いても転ばないように、足裏からいろいろな情報をキャッチして体がバランスを取っていること。土踏まずのアーチで地面のでこぼこを調整し、着地のときの衝撃を吸収するようになっています。しかし、ヒール靴を履くと足底が固定され、本来の歩きではない歩行を強いられます。体の中に「正しい骨格」のテンプレートが残っているから、それに近づけようとして、体が緊張した状態に。これが、骨格のバランスを崩す原因になっているわけです。

――確かに、ヒール靴を履くと歩行姿勢がいつもより全体に前のめりになってしまいます。

池田 裸足歩きの時は骨盤の真上から足が振り下ろされますが、ヒール靴だとかかとから着地し、つま先で蹴るというような歩き方になります。これが下半身の骨や筋肉に大変な負担をかけます。ヒール歩きはいつも背伸びをした状態なので、骨盤が前傾してお腹がぽっこりしたり、猫背になったり、太ももの筋肉が引っ張られ、膝が曲がるなど、骨格が変化してきます。だから、ヒール靴を履いている人に「姿勢を正しくしましょう」なんて言っても無理なんですよ、そもそもが歪んだ姿勢になっているわけですから。

――それだけの負担を、これまで気付かずにいたということが怖いですね。

池田 若い女性は筋力もあるし、体も成長途中だからヒール靴を履いていても、歪みに気づかないんです。でも、日常的にヒール歩きをしていれば、徐々に骨や筋肉に負担をかけ、年齢を重ねるたびに骨盤がずれています。歪んだ骨格が体内の血流や筋肉を圧迫するので、冷えやむくみ、腰痛、ひどいときは妊娠機能低下にまでつながることもあります。女性こそ正しい靴を履くべきですね。

――それでも仕事などでヒール靴を履かなければならない、という女性もいるはず。少しでも体への負担を減らすにはどうしたらいいんですか?

池田 まずは、ゼロヒール生活を目指してください。ヒールの高低が問題なのではなく、ヒールそのものがない、「裸足に近い状態」を保つことが大切です。オフィス内や休日だけでもゼロヒール靴を履き、家ではできるだけ裸足でいるようにするといいですね。足の指が中で広がる状態になるようなものが理想ですが、ビーチサンダルなど親指と人差し指の付け根を固定してしまうタイプはNGです。本当の理想は、中足部が一番高くなる「マイナスヒール」の靴を履くことなんですけどね。

――でも、ヒール靴の方が、脚が長く細く、スタイルをよく見せてくれるんですよね。

池田 いえいえ、それは誤解です。体のバランスが元通りになれば、自然とお腹や下半身のコアマッスルが鍛えられ、ぽっこりお腹や内腿が引き締まるんですよ。ゼロヒール歩きは日常でピラティスをしているようなものです。現代女性の平べったいおしりや下腹ぽっこり、O脚現象もヒール歩きによる骨や筋肉のゆがみが原因ですし。正しい歩行、正しい靴を履いていれば、今よりずっとスタイルが良くなるはずです! ヒール靴を履きたいのであれば、デートの日やオシャレをしたい日など、限定的にしてみてはいかがですか?

--------------------------------------------------------------------------------------------

上記のインタビューから考えると、ヒール靴によって、重心が変わってしまうし、歩くときに本来使わなければいけない筋肉が使われなくなってくる可能性が高い。
それによって、姿勢を正しく保つ腸腰筋(大腰筋と腸骨筋)が弱まっていくのではないかと思います。腸腰筋がしっかりしていれば、S字カーブをきちんと保つことができますが、腸腰筋が弱まると、S字カーブが少なくなり、顎が前にでて、猫背になり、下っ腹がぽっこりとして、骨盤が前傾しおしりが垂れてきます。

腸腰筋.jpg

最近若い女性で、こういった姿勢をよく見かけます。姿勢が悪いままにしておくと、さらに体のあちこちに支障がでてくる可能性があります。内臓下垂による冷え症や、胃腸障害、便秘、肩こりなど悪循環を起こすかと思います。

筋肉というのは、一度弱くしてしまうと、戻すのはたいへんなことです。鍛えようとしても、そう簡単にはいかないのです。日々正しい姿勢で歩くことが、当たり前のことなんだけれどいかに重要かなんですね。

正しい姿勢とは、このように横から見てS字カーブを描いていること。このS字カーブがクッションになって、衝撃をやわらげているのです。
体の正しいラインイラスト.jpg

若い女性に増えていると思われる悪い姿勢。腸腰筋が弱っていることが考えられます。
悪い体のライン例.jpg

自宅でもできる腸腰筋を鍛える体操です。毎日時間をきめてやると、効果があります。

腸腰筋体操2修正.jpg


そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 快適な生活

歯のセミナーとアンチエイジング体操

土曜日雨の中、歯のセミナーにお集まりいただきました。偶然にも三重県ご出身のかたがお二人いらして、同郷のお話に花がさいていたようです♪

ほかに四国、徳島ご出身、と関西方面のかたが多かったです。

セミナー風景.jpg

セミナールームは15人まで入れるのですが、このくらいの人数のほうが広々していいかもしれません。おひとりお一人の質問にもお答えできますし、あらたな発見でした。

実験のようす.jpg

わたしが実験をお見せしました。酸性飲料は歯を溶かす「酸蝕症」が恐いですね。

体操を教えている.jpg

前回から加わった「体操編」がとても好評でした。参加者のかたに実際やってみていただき、現代人がいかに肩周りがかたくなっているか、実感。

ちょっとしたグッズで、肩と股関節を鍛える体操をお教えしました。年齢とともに関節の可動範囲がせばまり、歩き方や姿勢が年寄りっぽくなってきます。これは、週に1回のジム通いでは防げません。毎日数分でいいから、継続することがカギとなります。

スクワットもいいのですが、正しい姿勢をとるのがなかなか難しいです。ほとんどのかたは、肝心な股関節が使えてなくて、太ももの前側の筋肉「大腿四頭筋」を使っています。
コツは背中をしぜんに反らせるような形で、おしりを後ろに突き出しながら行うと上手く出来ます。

【歯のセミナー 参加者の感想】一部ご紹介

・歯にはじまって体操まで、本当に参考になることを教えていただきました。歯は生涯自分の歯で食べていけたらいいな、とかすかな思いをもっていたのですが、今日のお話で希望がみえてきました。また、運動では目からウロコでした。これからの老後を快適に過ごせるような気がしてきました。楽しく興味深いセミナーでした。どうもありがとうございました。(I.K様)

・すごいです。思いもよらない道具が登場してびっくりしました。でも、歯周病も傷であり、手入れは“治療”と考えると「なるほど!」と思いました。実践してみようと思います。歯も大切ですからね。(I.H様)

・私は小学生の頃から虫歯が多くて奥歯は詰め物が多く、歯医者によく行っていました。今回参加して、日々の歯のケアの大切さがよく分かりました。(K.M様)

・久々のそらハウス、また充実したセミナーの内容を受けて日々の習慣を改めて省みる良いきっかけとなりました。永島さんも益々お元気なようで何よりです。新藤さんも益々お若く、脱帽でした。
※ちなみに、肝心要(かんじんかなめ)というのはもともと肝臓・腎臓・腰を指した肝腎腰のことだそうです。やっぱり腰・大腰筋が大事ということでしょう。また色々と健康面についてご相談させてください。ヘルスIQも上げていきたいですね!(N.R様)


皆さん知らない「歯のこと」。高齢になって歯を失う原因の8割は“歯周病”であり、40代からすでに始まっています。
歯のセミナーに参加しませんか!



そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』