水道水中の放射性物質

2012年05月29日

昨年(2011 年)の原発事故で水道水から放射性ヨウ素が検出されたことは記憶に新しいと思いますが、事故から一年余り経過した現在はどのような状況であるのか、報道などをもとにデータをまとめてみました。2012/05/29現在

1. 飲料水の放射性物質基準

2012 年4 月1 日より、食品の放射性物質基準が新しくなりました。飲料水の基準は下記のとおりです。

放射性ヨウ素:2012/3/31までの従来の暫定基準では300ベクレル/kgでしたが、2012/4/1からの新基準では無しとなりました。これは、放射性ヨウ素は半減期が約8日と短く、事故から1年が経過した現在は検出されないため、基準から外されたためです。

放射性セシウム:2012/3/31までの従来の暫定基準では200ベクレル/kgでしたが、2012/4/1からの新基準では10ベクレル/kg

2. 事故直後と現在の放射性物質濃度

@ 放射性ヨウ素

2011年3月の事故直後は水道水から200ベクレル/kg をこえる放射性ヨウ素が検出され問題になりました。浄水場では緊急的に活性炭の投入量を増やして、放射性ヨウ素の吸着を実施しました。

放射性ヨウ素は放射性セシウムに比べ微量でも放射能レベルが非常に高いという特徴があります。けれども半減期が約8日と短く、1 ヶ月も経過すると10分の1以下にまで放射能レベルが下がります。
実際に水道水で事故直後の3月に200ベクレル/kg を超える数値が検出されましたが、徐々に低下して昨年5月以降は検出されていません。


A 放射性セシウム

2011 年3 月の事故直後に微量の放射性セシウムが水道水から検出されましたが、基準値を下回るレベルでした。これは原水(河川)からの流入と言うよりも、大気中の放射性物質が浄水場に降下したものと考えられています。
その後は放射性セシウムが浄水(水道水)から検出されることはありません(検出限界レベル1ベクレル未満です)。

原発事故で大気に放出された放射性セシウムは塵として広い範囲に降下して地面の土や泥に吸着されました。この土や泥が河川に流れて浄水場に取水されるのですが、浄水場で行われている濁りの凝集と沈降濾過により、ほとんどの放射性セシウムが除去されました。つまり通常の浄水処理で除去可能なのです。

浄水場で説明うける.jpg
埼玉県大久保浄水場にて担当者から説明をうける様子

現在は原水となる河川からも、浄水した水道水からも放射性セシウムは検出されていません(検出限界レベル1ベクレル未満です)。しかしながら浄水場の沈降濾過で発生する汚泥からは今でも数百ベクレル/kg の放射性セシウムが検出されています。
これは原水に含まれる放射性物質が、汚泥として約1 万倍に凝縮されるためですが、浄水場での放射性セシウム除去率の高さ(推定99.99%)を証明するものです。この汚泥は現在のところ浄水場の敷地内で管理、保管されています。

(例):浄水場で発生した汚泥の放射性セシウムの濃度が500ベクレル/kg としたとき、原水の放射性セシウム濃度は1 万分の1 である0.05ベクレル/kg と推定されます。もちろんこれほど低い放射能レベルは測定不能(検出せず)です。

3. 放射能測定

厚生労働省から各自治体の浄水場に、毎月の放射能測定を義務付けています。
実際に浄水場では検出限界レベル0.5〜1ベクレル/kg の精度で毎週あるいは毎日測定して水質を管理しています。
(実際の数字は各自治体のホームページから確認できます)
したがって水道水を利用する限り、放射能に関しては問題ないということです。放射能を心配するあまり高価な浄水器やミネラルウォーターを購入せずとも現在の水道水は安心して飲料水として使えます。


水道水にサンゴの力、でおいしくて安心な飲み水をつくることができます。

◆沖縄の化石サンゴからつくられたミネラルウォーターの素「サンゴの力」
posted by shinto at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能

自宅で手軽にできる腸腰筋トレーニング

2012年05月25日

昨日は、アンチエイジングに重要な筋肉は、股関節まわりの腸腰筋、という話をしました。

では、家で簡単にできる体操はないかな〜 とネットでいろいろ調べたんですけど、なかなかいい画像がないんです。
そこで、わたしがモデルとなり作ってしまいました。

自宅で手軽にできる腸腰筋トレーニング**

椅子や机などに軽く手を添えてバランスをとりやすくします。

腸腰筋体操1.jpg


背筋をまっすぐに伸ばしたまま、ゆっくりと股関節の筋肉をつかって、付け根から足を持ち上げます。右足を連続で5〜10回やります。

腸腰筋体操2修正.jpg

足を変えて、左足も同じように。これをできるだけ毎日やることが大事です。腰がひけないように姿勢を保ちながら行う。
◆持ち上げる足はダランとしておき、足の重さを感じながら持ち上げて。

×これは悪い例。足を持ち上げると同時にお尻が下がりやすいので、からだは上方向に引き上げたまま、足をあげます。高く上げようとしなくていいです。股関節の腸腰筋を使っているなあ、と感じながら行うといいです。

腸腰筋体操3.jpg

ぜひ、簡単で、時間もかかりませんので続けてください。階段を上るのがラクになると思います。
下腹も引き締まりますし、お通じもよくなるなど、いいことづくめです♪



そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング

日常でアンチエイジング(腸腰筋を鍛える手軽な方法)

2012年05月24日

高齢者の歩く様子をみていると、足が前方に出なくて小股でとぼとぼ歩いている場合が多い。

歳をとって筋力が衰えるとあのようになるんだろうなあ、と漠然と考えるでしょうが、それでは自らの老化防止にたいし対策がとれない。なぜあのような歩き方になってしまうのか? どこの筋肉が弱まるのか? に関心をむけないとアンチエイジングができないということになる。

中高年あたりからよく聞かれるのが「四十肩五十肩」だが、これは肩関節周囲炎といって、胸鎖関節が固まってしまうことから起きる。このように、加齢による“痛み”は関節部分に起きることが多い。“痛み”は生活を不自由にしQOLを下げるし、またさらに可動域をせばめる原因になる。動きが小さくなり代謝をおとしたり、老化をすすめることになる。だから、単なる“痛み”ではすまされない。

肩関節(ほんとうは胸鎖関節が問題)とともに、問題になるのが股関節。股関節は歩行に関係するのでとくに高齢者にとって重要だ。ここを悪くしてしまったら、歩行困難、転倒によるケガなどにもつながるし、さらに悪くなれば車いす生活や要介護へとすすんでしまう。80歳、90歳ともなれば、そういうケースがふえてくるのだけれど、その年齢になって急にそのようになるわけでは当然ない。何十年もかけてだんだんと落ちていくのだから、その前兆はというと、はやいひとではもう30代後半くらいから始まっているのではないかと思う。

腸腰筋.jpg

驚くことに股関節は22本もの筋肉によって動かされているのだという。
足を前後に動かす筋肉、左右に開閉する筋肉、足を持ち上げる筋肉、みなそれぞれ違う。
どの筋肉も大事だが、とくに注目されるのが腸腰筋(ちょうようきん)。

股関節を動かしている22の筋肉(やくしゅいんドットコムさんより引用)

腸腰筋は姿勢の維持や下半身の動作にはなくてはならない筋肉。ところが、歩く機会が減り、デスクワークが増えた現代人は、鍛えることが少なくなって弱くなりやすい筋肉なのだ。わりと深部のほうにあるので、インナーマッスルのひとつといわれる。

インナーマッスルは制止して姿勢を維持したり、バランスをとるときに働く。日常生活ではなかなか鍛えるチャンスがなく、意識して鍛える必要がある。手軽に鍛えられる動作は「足を付け根から前にほうりだすようにする動き」。歩くときに、これを意識して歩くとよい。

日常生活で腸腰筋をつかうことができるもう一つの動作が、階段を上がること。駅の階段や買い物に行った際も、できるだけエレベーターやエスカレーターを使わずに、階段を使う機会を増やすこと。そして、ただ上るのではなく、足を付け根から大きく持ち上げながら上るように意識するとよい。

日常的にできるこうした動きを、積み重ねていくことは、とてもいい影響になる。週に数回フィットネスジムに通うのも悪くは無いが、日常生活で心がけて体を使うようにするということは、案外効果的で馬鹿には出来ない。


そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 15:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング

発展途上国でも生活習慣病が増加

2012年05月17日

WHO発表 「世界の3人に1人が高血圧」 
2012/05/17 朝日新聞ジュネーブ支局より

世界保健機関(WHO)は世界のほぼ3人に1人が高血圧で、死因の63%が生活習慣病だとする報告書を発表した。寿命も延び、新興国や途上国でも生活習慣病が増えた。

世界保健統計2012によると、世界平均で収縮期血圧(高いほう)が140以上のひとの割合は、男性29.2%、女性24.8%。
寿命は1990年調査では64歳であったのが、2009年は68歳に延びた。

2008年の推定死者5700万人のうち、6割強の3600万人が生活習慣病が原因だった。そのうち最も多かったのが心臓血管疾患(48%)、続いてがん(21%)、慢性呼吸器疾患(12%)。
原因別では、高血圧が13%で最多。喫煙9%、高血糖6%、運動不足6%、肥満が5%だった。

生活習慣病の死者のうち、8割の2900万人が低所得の国の人たちであった。アフリカのいくつかの国では、半数近くの人たちが高血圧だ。

生活習慣病.jpg

(以下は筆者コメント)
少し前までは、生活習慣病は先進国に多い病気とされてきました。肉を食べ、脂肪分の多い食事をし、運動をしない。その結果、高血圧症や糖尿病にかかる。いわば贅沢病だと。

アフリカにもそうした生活習慣病にかかる人が増えてきたということは、なにを意味するのか。警告ととらえるべきでしょうね。


いま問題になっている病気は、生活習慣病。
これは、個人の日々の生活習慣によるところが大きいので、医者、病院が治そうとしてもなかなか治るものではないであろう。
自分自身でコントロールできるものなのです。

体内の環境を整えることが、予防になります。
その目的で企画したのがマックスピアです。
マックスピアについて詳しく



そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』



posted by shinto at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病の予防

日本人の死因、がんがトップ

2012年05月15日

昔「成人病」。いまは「生活習慣病」

◆戦後を境にして日本人の死因は「肺炎・結核」から「がん・脳血管疾患・心疾患」へと大きく変わった

日本人の死因.jpg
グラフはgarbagenews.comより

このグラフを見てよく考えてみれば、いまからほんの70年前日本人の死因は肺炎、結核が多くを占めていたんですね。戦後20年もたって生まれた私達には想像もつきません。当時は貧困で栄養状態、衛生状態ともに悪かったので、感染症が広がりやすく、いい薬もまだ開発されていなかったんですね。

戦後、衛生状態が改善され、抗生物質も開発されたりして、これらの感染症は急激に減りましたが、それにかわって戦後は、がん、脳血管疾患、心疾患が増えてきました。これらの病気にかかるのは、40歳以上の成人が多かったために、加齢にともなった老化を原因とする病気ととらえられたのです。現在40代より上の年齢なら「成人病」という呼び名を覚えていると思います。

◆戦後30年間は脳血管疾患が死因1位で、その後33年を超えていまに至るまでがんがトップ

戦前20年間も死因1位だった結核に代わって、戦後は脳血管疾患が1位となり30年間続きました。戦後の動乱期で食糧も不足していて栄養状態が悪かったのでしょうね。この頃の脳血管疾患は血管がもろくて破裂してしまう脳溢血だったのです。がんと入れ替わったのは1979年(33年前)のことです。それからずっと、がんは死因1位で有り続け、さらにその数は年々増えてとどまりません。

◆生活習慣に原因があるから『生活習慣病』。だから改善するのも自分次第!

がん、脳血管疾患、心疾患といった三大病を「成人病」とよんでいた頃、これらの病気の発症や進行は加齢によるところが大きいとされてきました。けれども、こうした成人の慢性病は、ある日突然発症するのではなく、若いころからの食生活や運動、睡眠、喫煙、飲酒、ストレスなどの“生活習慣”が長年にわたって悪い方向に積み重ねられた結果、発症するということがわかってきました。
そして、そうした乱れた生活習慣は子どもにまで及んで、子どもにも「成人病」と同じような症状が増えたため、1996年(いまから15年前)に、「成人病」という呼び方が「生活習慣病」に変えられたのです。国民に対して、健康意識を高め生活習慣病を個々に予防するよう喚起するために、「生活習慣病」としたのに、現実はこれら三大病は減るどころかますます増えていっています。


自分自身でなんとかできるのが生活習慣なのですから、自分で予防意識をもって
日々気をつけるしかないですね。

生活習慣病のリスクを低減することを目的としたサプリメント マックスピア
マックスピア について詳しく →


マックスピア粒.jpg

マックスピア袋.jpg
一袋に90粒入っています。朝昼晩2粒ずつを目安にお召し上がり下さい。

オリジナルサプリメント&スキンケア →




posted by shinto at 17:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病の予防

50代女性の20%が骨粗しょう症

健康診断などで骨密度を測ることがあると思います。女性は男性よりも骨粗しょう症が心配なので、測る方も多いでしょう。下のようなグラフをよく見ますね。

ところが、このグラフをどう見るかによって、まったく行動が違ってくるのです。

最大骨量.jpg

このグラフをなんの問題意識ももたずに、歳を取れば筋肉も落ちるだろうし、骨も減るのが普通、などと見ていたのでは、先々晩年は要介護生活に陥る危険が高まります。

このとおりのことになれば長生きすればするほど大変な生活が待っているのです。先々の危険性が読み解けるかどうかが、カギなんですね。

posted by shinto at 13:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | カルシウム

マグネシウム不足が問題になっている

2012年05月07日

先日ユーザーさんから、「カルシウムとマグネシウムの比率は2:1がいいって宣伝されていますけどどうなんでしょうか?」とご質問があったのが、きっかけで今回のテーマに選びました。

よくよく調べると、2:1の比率が大事というよりも、外食やコンビニ食にたよっているとマグネシウム不足になるということがあぶり出されてきました。

最近の若い層では、これも心配ですね。

「2:1」という言葉だけが一人歩きしていますが、カルシウムとマグネシウムでは、働きも違いますし上限量も異なります。さらに上限を超えたときの、副作用や危険度もまったく違います。

カルシウムは上限量が2000mgとも2500mgともいわれ、たとえ上限を超えたとしても簡単に排泄できますし、副作用の心配はありません。そして、食事からはなかなかとれないミネラルなのです。

いっぽう、マグネシウムは魚や豆類などいろいろな食材に含まれており、比較的に摂取しやすいミネラルです。サプリメントでの上限量は、350mg(カルシウムとは桁違いです)。さらに上限量を超えると、下痢や嘔吐、血圧低下、意識障害など危険が伴います。にがりもマグネシウムですが、ひところ流行った「にがりダイエット」では死亡事故も起きています。

豆腐.jpg
豆腐一丁には100mgのマグネシウムが含まれています。「にがり」は塩化マグネシウムのこと。

つまり、単純に2:1といってしまうと、カルシウムを1000mgとったらマグネシウムを500mgとればいいのかというと、これでは完全に過剰摂取の危険があるというわけです。

一般のかたには、このことは正しく伝わっていないと思われます。
宣伝でもただ「カルシウム&マグネシウムの比率は2対1」というばかりで、これでは消費者は誤解してしまう。
カルシウムは食品からもなかなか十分な量がとれないので(だから骨粗しょう症が起こる)サプリメントでとらなければならないけれど、マグネシウムはまずは栄養バランスのいい日本食をとることが先決だと思います。


オリジナルサプリメント そら →



posted by shinto at 12:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント

コーラにトクホマークがつく矛盾?!!

2012年05月01日

見ましたよ、電車の中吊り広告! 唖然としました。
世も終わりか、と。

コーラにトクホマークが、なぜつくのか? 疑問に思うひとは多いのではないでしょうか。

コーラは悪い食生活の例にだいたい登場してくるもの。「肥満したり、生活習慣病をひきおこすひとは、普段こんな食事をしてませんか?」とコーラ、ハンバーガー、フライドポテトがセットで。

つまり、コーラを常飲するような食生活は不健康になりますよというメッセージが当たり前でしたし、コーラはそれくらい“健康的”と対極にあるものでした。

(画像はNAVERまとめ より引用)
ジョーとコーラ.jpg
CMでは、ジョーがハンバーガーやピザとともにコーラを飲んでいます。

このコーラをどんなユーザー層に販売しようとしているかが読み取れます。

トクホコーラ.jpg
トクホ(特定保健用食品)は国民の健康に寄与するための目的で本来はじまりました。

でも・・・コーラを「サプリメント」だというひとがどこにいるでしょう??

★トクホ(特定保健用食品)の定義   ※認定団体は(財)日本健康栄養食品協会

食品には、生命維持のための一次機能(栄養)と、食事を楽しむという二次機能(味覚)。体調のリズム調節や生体防御、疾病予防、疲労回復、老化防止など健康を維持するための三次機能(体調調節)があります。トクホ(特定保健用食品)は、この三次機能(体調調節)に注目し、不適切な生活習慣に伴う健康リスクを低減するように工夫された食品で、健康に対してどのような機能を持っているかという「保健の用途」の表示を、消費者庁によって許可された食品をさします。
--------------------------------------------------------------------------------

トクホ製品は大手企業しかだせないカラクリになっているかと思います。なぜなら、手間と莫大な費用がかかります。トクホ取得には、1製品だすのに、5千万〜2億かかるといわれています。1製品に対してです!

中小企業では無理でしょう。つまりは、トクホ製品を発売するには、それほどの費用をかけてもそれ以上の宣伝効果が見込めるとみているからです。

いったい、どこをどう間違って、コーラが特定保健用食品になってしまったのでしょう?
ここまでくるあいだに、誰か異論を唱えるひとが出てこなかったのでしょうか?(原子力安全委員会を思い出してしまいました・・・)

トクホコーラ2.jpg
コーラのトクホ成分はどこにでも使われている「難消化デキストリン」。効能は「食事の際脂肪の吸収を抑える」です。

いくら脂肪吸収を抑えるといっても、一緒にハンバーガーやピザ、フライドポテトを食べてたんでは元の木阿弥ではないか!

発売元キリンビバレッジは発売2日間で年間販売目標100万ケースの5割にあたる50万ケースを突破したと発表した。このコーラの売り文句は「糖質ゼロながら味が旨い」。(あくまで健康と関係ない)
posted by shinto at 11:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント