意識していなかった「腹圧」

2011年12月22日

先日「胴体力セミナー」に参加したら、講師の先生がさかんに「腹圧をかけて!」と言うんです。

そう言われても、なにをどうしていいかわからず、「先生、誰かにお腹を押してもらうんですか?」と質問して大笑いされました。「お腹を凹ますのよ」と。

日常的に腹圧がかかっていない状態だと、内臓が下垂し、子宮が後屈したりして、いろいろな支障がでてくるようです。呼吸も浅くなり、婦人科系の病気にもなりやすそう。便秘にも。

健康を維持するためには、からだの使い方を正しく矯正しなければいけないなと、実感しています。だれでも少なからず体に歪みをもっていると思いますが、私も長年のデスクワークや、間違った重心のかけかたで、ずいぶん体にひずみをつくってしまったようです。

2年前から整体に通い、ひずみをもとにもどすべく、日々体操をしています。仕事の座り姿勢や歩き方も、時間が長いだけに影響は大きい。椅子にもとても気をつかいます。

最近実行したことは、(ちょうど、NHKの「アインシュタインの目」でやってたのを参考に)椅子の高さを体に合うように微調整し、腰骨のあたりにクッションを入れて、背中のカーブをつくるようにしました。また、カバンも片側かけのバックはやめて、背中に背負うリュックにしました。重たい荷物も背中に背負うとラクです。なかなかいい感じです。

具体的には、体は細いのに下腹がぽっこりしているのが、ずっと悩みなんですが、これも「腹圧」をかけて、胴体を正しく使えるようになれば解決するのかなと手応えを感じているところです。

---------------------------------------------------------------------------------------
◆腹圧について、わかりやすいサイトがありましたので転記します。
「整体セラピア」さんのホームページより

「腹圧」という言葉を聞いたことはありますか?
文字通りお腹の圧力という意味ですが、この腹圧がきちんと働いているかどうかが
私たちが自分の身体を上手に使えているかどうかの鍵になります。
今回は、腹圧についてお話ししてみましょう。

腹圧とは?

人間の身体は基本的に骨格によって支えられていますが、胃や腸などの内臓が入っているいわゆるお腹の部分はどうでしょう?
触ってみるまでもなく、お腹は骨格で守られてはいません。それでも中の内臓が潰されずに活動できるのはなぜでしょう?

その答えが腹圧です。
内臓(他にも神経や血管もですが)は腹膜と呼ばれるお腹の袋の中に入っています。
そして中の内臓がきちんと働けるスペースを作るために、その袋を膨らませているのが腹圧というわけです。
さらに、腹圧によって膨らんだ腹膜を腹筋や背筋で囲むことによって私たちは身体を支えているのです。

腹圧が弱まると?

腹圧が弱くなると、どういうことが起きるでしょうか?
腹圧が弱まるということは、腹膜という袋が萎んでしまうことを意味します。
先ほど述べたとおり、人間は腹圧と筋肉によって身体を支えているので、腹圧が落ちれば当然、筋肉の負担が増えることになり、いわゆる腰痛の大きな原因となります。
さらに、腹圧という袋が萎んでしまうことで内臓が圧迫されるため、当然、その働きも落ちてしまいます。
神経や血管も圧迫されるので、血行も阻害され代謝も落ちてしまいます。
姿勢的にも、前傾姿勢になるため肩こりなどの原因にもなります。
このように、腹圧の低下は身体に対して様々な悪影響を及ぼすのです。

腹圧低下の原因と予防

腹圧が低下すると姿勢が前傾姿勢になりやすくなりますが、むしろ姿勢がくずれることによって腹圧の低下をまねく可能性のほうが高いでしょう。
姿勢を保つためには、腹圧と筋肉のバランスの両方が必要となりますが、運動不足や座りっぱなしの生活習慣などによる筋肉の衰えがよけいな腹部への圧迫を引き起こします。
くわえて、バランスの悪い座り方自体も腹部への日常的な圧迫に繋がるのです。

ですから、腹圧低下の予防には正しい姿勢、座り方が必要不可欠となります。
正しい姿勢については「今月の特集」のNo.15「正しい姿勢」を参考にしてみてください。

そして、腹圧の低下をまねくもうひとつの原因は呼吸にあります。
「腹式呼吸」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、腹圧の強化にはこの
腹式呼吸が不可欠です。

私たちは横隔膜を上下させることによって肺に空気を吸い込んでいます。
つまり、横隔膜の上下の幅が大きいほどたっぷり酸素を吸い込む深い呼吸になるのです。
そして、横隔膜は胸部と腹部を隔てる壁でもあるので、深い呼吸による横隔膜の大きな動きは内臓の入った腹腔内へのマッサージにもなります。
つまり、腹式呼吸による深い呼吸は身体に必要な酸素の効率的な取り込みと同時に内臓のコンディションの調整にもなるということです。

逆に浅い呼吸「胸式呼吸」になると、当然、横隔膜の動きも小さくなるため、横隔膜や腹膜が硬くなり、腹圧の低下に繋がるのです。

というわけで、腹圧安定のポイントは2つ
 @正しい姿勢によって腹部への過剰な圧迫をさける。
 A腹式呼吸によって横隔膜を活発に動かし、腹膜・内臓のコンディションを整える
です。

--------------------------------------------------------------------------------------------
★この記事を書いた頃、自分も「腹圧」が足りないんじゃないかと気づき、自分なりに体幹を鍛える体操を毎日少しだけ取り入れました。

といっても難しいことでは無くて、普段歩くときに「ふっ、ふっ」と腹の底から息を吐くようにしてみたり、毎朝このサイドブリッジを左右20数えるのを続けてきました。現在のところ4ヶ月ほど経ちましたが、だいぶいいかんじです。体の軸(体幹)がとれてきたような感触があります。

こうした理屈をちゃんと知ることと、日々こうした地味な努力を重ねること。それしかないと思います。健康も同じですけれど。

サイドブリッジ.jpg
(手のひらで床を支持しているサイドブリッジもありますが、肘のほうが安定するのでいいと思います)

オリジナルサプリメント&スキンケア そら →


posted by shinto at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 快適な生活

「一無、二少、三多」はメタボを効果的に減らす

2011年12月13日

日本生活習慣病予防協会が提唱している『一無二少三多』は、ふだんあまり聞かないが、もっと広く知られると役にたつと思う。協会は、メタボ減少にも役立つと強調している。

現代の日本人の健康の秘訣として最適なのは「一無(無煙)、二少(少食・少酒)、三多(多動・多休・多接)」という研究成果が発表された。「一無、二少、三多」の実践数が増えるとメタボの発症は少なくなる。

1万人弱の7年間追跡調査で、メタボの発症が少ないのは「一無、二少、三多」を実行している群だった

研究では、和田高士・東京慈恵会医科大学総合健診・予防医学センター教授が、日本人9554名を対象に7年間追跡し調査した。その結果、男女ともメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の発病が少ないのは「一無、二少、三多」であることがあきらかになった。この研究は今年5月、日本内科学会の英文誌「INTERNAL MEDICINE」に発表された。


40年前にアメリカで提唱された「7つの生活習慣」では日本では効果がでなかった

これまで国内で広く紹介されてきた「7つの健康習慣」は、レスター ブレスロー・米カリフォルニア大学教授が1965年に発表し提唱したもの。7種類の健康習慣を数多く実践している人ほど死亡率が低いとしている。
厚労省がまとめた厚生白書(平成9年版)などでも取り上げられた。生活習慣病の発症や進展抑制にさまざまな要因が影響しており、要因は大きく(1)加齢など遺伝要因、(2)ストレスなどの環境要因、(3)食習慣や運動習慣といった生活習慣要因の3つに分けられるとしている。その後、森本兼曩・大阪大学大学院教授が日本人を対象に、ストレスを加えた新たな「8つの健康習慣」を提唱した。

ブレスローの7つの健康習慣

喫煙をしない
飲酒は一度に4杯以下
激しいスポーツや水泳、長距離歩行などを頻繁にする
男性は標準体重のプラス20%未満から5%不足までの範囲、女性はプラス10%未満
7〜8時間の睡眠をとる
ほとんど毎日朝食を摂る
間食は一度かまったくとらない


ブレスロー氏、森本氏の健康習慣と、池田氏の「一無、二少、三多」がメタボの予防にどの程度の効果があるか検証したところ、女性ではいずれも多く実践している群ほどメタボの頻度が減少する傾向がみられたが、少実践群と多実践群での差がもっとも大きかったのは「一無、二少、三多」だった。
 
また、男性ではブレスロー、森本両氏の健康習慣で、中実践群より多実践群のほうがメタボの頻度が高くなり、両氏の健康習慣をより多く実践してもメタボの抑制効果はなく、むしろ増加するという意外な結果になった。これに対し、「一無、二少、三多」だけが実践数に比例してメタボが減少し、少実践と多実践では大きな差が出た。
 
和田教授は「40年前に米国人を対象に考えられた健康習慣では、実践すればするほどメタボリックシンドロームの頻度が減少する結果にはならず、日本人には効果がなかった」と指摘。その上で、「一無、二少、三多」について、「現代の日本人にとって、実践しやすいやり方で効果を得られる健康習慣であることを明確に提示できたのではないか」と話している。

「一無、二少、三多」とは

----------------------------------------------------------------------------------------

やはり、日本人には日本人にあったスローガンでないとだめですね。アメリカ発のしかも40年も前のスローガンではねえ??


そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 15:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病の予防

一無、二少、三多のすすめ

5月に市から特定保健検診の案内がきていて、行かなきゃと気になっていたのですが、暮れも押し迫ってきてようやく受けてきました。

基本の項目に、オプションで4種類のがんマーカーを加えました。
なにも無いとは思うのですが・・・結果は4週間後だそう。

社に戻ってから、検診について調べてみましたら、「日本生活習慣病予防協会」というのがあって、生活習慣病予防のためのスローガンとして『一無、二少、三多』というのがあり面白いなと思いました。

--------------------------------------------------------------------------------------------

★「一無」とは禁煙のすすめです。

一無(いちむ)とは禁煙の勧めです。「タバコの三悪」とは、タバコによってからだに運び込まれるニコチン、タール、一酸化炭素です。こういう身体に悪影響をもたらすタバコについて、「健康日本21」は、特に若年者における喫煙をゼロにするという大きな目標を掲げスタートしています。

タバコ三悪.jpg

★「二少」とは少食、少酒のすすめです。

昔から「腹八分目に医者いらず」と言われているように、暴飲暴食を控えることは、身体の機能を健康な状態に維持していく上でたいへん重要です。食事療法という言葉がよく生活習慣病で用いられることからも、糖尿病、脂質異常症、高血圧の予防・治療の基本は常に食生活にあります。

もっとも望ましい組み合わせは、主食と一汁三菜、それに果物、乳製品といわれています。よく噛んで、三食を規則正しく食べ、偏食をしないことが重要です。特に「3つの白を控える」ことと、「食物繊維を豊富に摂る」ことが重要です。「3つの白」の第一は白米・白パンの白、次は食塩の白、そして三番目は砂糖の白です。いずれも食べすぎ、摂りすぎに注意してください。

アルコール.jpg

さまざまな生活習慣病がアルコールと密接に関わっていて、大酒をすれば多くの疾病が誘発される可能性が高まります。「健康日本21」のなかでは、アルコールに関して1日20g(日本酒に換算して一合程度)の摂取が望ましいとされています。「百薬の長とはいへど、万の病は酒よりこそおこれ」という言葉もあるとおり、アルコールをたくさん飲める人でも、1日にその程度の飲酒量が望ましいということです。

★「三多」は多動、多休、多接のすすめです。

三多(さんた)は、体を多く動かし(多動)、しっかり休養をとる(多休)、多くの人、事、物に接する生活(多接)の勧めです。運動については、「2本の足は2人の医者」という格言があります。この格言に則って、良く歩きましょう。身体活動をできるだけ多くして、しっかり毎日の生活の中で維持しましょう。そして、身体を動かした後は、しっかりと休養をとることが重要です。メリハリのある生活は、健康長寿には欠かせない要素です。

そして、多くの人、事柄、物に接して、創造的な生活を行うこと。年がいくつになっても社会に貢献できる、そういう心持ちが若さを維持させてくれます。そういう生活を送ることができるように工夫を凝らし、何かを常に創り出すような趣味をもつことをお勧めします。例えば俳句や絵を描いたりと、必ずしも仕事とは関連がなくても、趣味豊かに創造的な生活を送ることが健康長寿に欠かせない条件です。

-------------------------------------------------------------------------------------

なかなか的を得てるし、色々網羅されていますね。これを本当に守っていたら、生活習慣病が予防できるでしょうし、健康で長生きができそうです。

ひとつひとつ、読めば昔から言われていることばかりだし、当たり前のことばかりですが、これをすべて、しかも毎日毎日、きちっと守るというのが、言うは易く行うは難し!なのですよね。

お医者さんは、病気になってからの治療の専門家。予防は専門外です。予防は、ほんと上記のことを自分で管理しないとだめですね。


そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病の予防

雪に対する“目の紫外線対策”

2011年12月12日

“雪の積もった場所”での紫外線対策

積雪のある地域で生活されている方は、目の紫外線対策に気をつけてほしい。スキーやスノーボードで雪山をおとずれる場合も同様の注意が必要ですが、都会人がたまに出かけて害を受けることよりも、冬の間積雪の中で生活する方はもっと深刻ではないか。

夏に比べて紫外線量が少ない冬でも、雪山となると話が異なる。紫外線が雪で反射し、沖縄の海岸の2.5倍もの紫外線が目からはいってくるという。

大量の紫外線を浴びた目は急性の角膜炎を起こし、目が充血したり、強い痛みがでたりすることが多い。「雪目」といわれ、目の日焼けです。

金沢医大教授の佐々木洋さん(眼科学)は、強い紫外線を浴び続けると、白内障や翼状片(視力障害をきたす)になるリスクが高まると指摘する。教授らが、目に入る紫外線量を、夏の浜辺と冬の雪山で調べたところ、沖縄県のビーチより石川県のスキー場のほうが2.5倍も高かった。紫外線がいちばん強くなる正午頃では5倍もの差が。

雪山の紫外線量.jpg


砂浜の紫外線反射率は25%ほどだが、雪面では80%以上。サングラスが顔の形に合わないなどで、顔とサングラスに隙間があると、そこから紫外線が目に入り込むため、夏のビーチでサングラスをしていないのと同じくらいになってしまうという。もっともいいのは、しっかりと目を覆うゴーグルタイプのもの。

サングラスでもゴーグルでも、レンズの紫外線カット率を確認することが大事。メーカー品なら、レンズの色にかかわらずUVカット率はたいがい99.9%以上になっているはずだが、まれにそうでないものもある。
UVカット率が低くて、レンズの色が濃いと、瞳孔が開いてしまって紫外線が目の中にまではいってしまい危険。しっかりUVカットされている製品かどうか確認が必要。

ゴーグル.jpg


 【紫外線】太陽光の中にあり、波長が可視光線より短く、エックス線よりも長い電磁波。浴びすぎると皮膚がんになりやすい。紫外線による目の障害としては「雪眼炎」や「白内障」のほか、結膜の白目組織が黒目に広がる「翼状片(よくじょうへん)」などがある。成層圏に存在する「オゾン層」が有害な紫外線の多くを吸収し地上の生物を保護しているが近年、フロンなどの排出が原因でオゾン層が破壊されてできる南極上空の「オゾンホール」など、有害紫外線の増加が問題となっている。

(朝日新聞 2011/12/10 掲載記事引用)


目からはいる紫外線が、肝斑やシミの原因とうたがわれていますが、まだまだこのことは広く一般には知られていません。欧米人は目が弱いのでサングラスをかけるのは当たり前になっていますが、日本では真夏以外ではかける人がまだ少ないですね。もっと、目への紫外線ダメージについて情報が行き渡り、予防意識が高まってサングラスをかける人が増えていってくれるといいのですが。
そうすれば、歳をとって白内障になるのを遅らせることもできるでしょうし、白内障そのものを予防することになると思います。もちろん、肌老化やシミ対策にも有効なのです!

オリジナルサプリメント&スキンケア そら
☆肌には「はだのさぷり」 ポリフェノールが豊富に配合 →





posted by shinto at 16:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 快適な生活

あらためて そらのミッションを

2011年12月06日

『健康のプロ』として、“こと(情報)”と“もの(製品)”の両面からのサービスを提供しています。
サプリメントは当社独自の企画によるものです。『高品質、効果性、リーズナブル』をもっとうにしています。

たんなる健康食品の会社ではありません
健康食品さえ飲んでいれば全て健康になれるというものではありません。時として、専門カウンセラーによる、お一人お一人に対する健康方法を丁寧にお伝えすることも大切です。
栄養のバランスのとり方、サプリメントの効果的な使用方法、その他にも食事や運動方法など、健康と生活習慣病のリスクリダクションのためのより具体的でトータルなご相談に応じています。

21年の実績があります
当社の設立は平成2年です。お一人お一人を大切にするために、これまでほとんど広告や宣伝無しにやってきました。相当な費用のかかる広告宣伝費をやめて、その分を、より高品質でリーズナブルな製品づくりと、より充実したサービスに振り分けてきました。
唯一、このミッションをお伝えするためにインターネット(ホームページ、ブログ等)は利用してきました。そして、インターネットから来られた方々にも、常に有効な情報をお伝えするようにしてきました。お陰様で、多くのご紹介をいただいています。
この方針は今後も一貫していきます。

『健康のテーマ』には、ダイエットとアンチエイジングも含まれます
現在、日本人の7割は、がんや心臓病、脳卒中などの生活習慣病で亡くなっています。したがって、まずは「生活習慣病にならない」ことを考えなければなりません。
最近話題となっているメタボリックシンドローム(通称メタボ)も生活習慣病につながる大きな要因です。肥満解消はたんなる“格好良さ”ではなく、健康のための必須の条件となります。
そして、アンチエイジング(抗老化)とは、できるかぎり「老化を遅らせる」ということになるでしょう。これもまた「生活習慣病」を引き起こさないための重要な要件です。

健康であれば、介護にならないことも可能です
介護になってしまって満足な人生とよべるでしょうか? 健康長寿をまっとうし終わることをPPK(ピン・ピン・コロリ)といいます。こうなる方は日本人全体の5%といわれるほど狭き門です。
介護にならず、また病気せずに寿命をまっとうできるということを誰でも望むということは間違いありません。そのためには「積極的な質の高い健康」を求める必要があります。運動や食事などの規則正しい生活に加えて、特に現代環境においては、サプリメントの活用が不可欠です。こうしたトータル的な質の高い健康を「オプティマルヘルス(最善の健康)」といいます。

そらホームページ

オプティマルヘルスをめざす弊社のサプリ

そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 09:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | そらについて

水道水に含まれる放射能はだいじょうぶか?

2011年12月01日

日々、放射能汚染に関するニュースが流れ、水道水は大丈夫なのか?と不安に思う方も多いと思います。
日本保健物理学会 暮らしの放射線Q&A活動委員会でのQ&Aを参考に。

(質問)セシウム137が検出されるとストロンチウム90も検出される事があると知りました。ストロンチウム90は水に溶けやすいとの事なので、水道水のヨウ素が基準値を下回っていると言われても、不安です。現在、水道水にSr90が含まれている可能性はありますか。


(答え)現在厚生労働省が定めている原子力施設等の防災に係る摂取制限に関する指標は、核燃料物質であるウランと超ウラン元素を除けば、放射性ヨウ素と放射性セシウムの二つだけを対象としています。これは、原子力施設での防災では放出量や発生源から人への移行性等からして、この二つが重要なものだからです。セシウム-137とストロンチウム-90はともに長い半減期を持っていますが、環境度の移行の様子に差があります。セシウム-137が検出されていればストロンチウムも検出されると考えられますが、人の健康影響を考えると水道水のセシウム-137やヨウ素-131が基準値を下回っていれば、ストロンチウムに関しても特段の心配をする必要はありません。


自然界にはもともと放射性物質は存在していて、事故の起きるまえから水道水から、微量のストロンチウム90が検出されていたそうです。
記事はコチラ


全国の水道の放射能濃度がリアルタイムでわかるサイト

そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 15:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能