野菜ジュースに人参いれてますか?

2011年11月29日

健康のためによいだろうと、朝、野菜や果物をミキサーにかけて飲んでいるかたが多い。リンゴとバナナはたいがいの人が入れているみたいだ。このふたつが入ると他の野菜の青臭さが気にならなくなり、甘くて飲みやすくなるとおっしゃる方が多い。

他には、小松菜や人参など野菜もいれるというのもちらほら。

野菜ジュース.jpg


人参ジュースががんの予防にいい。がんをも治す!というような衝撃的な本もでていたりして、ゲルマン療法が有名になったこともあって、この生野菜・果物ジュースは普及した。

でも・・・ほんとうに栄養が摂れていて、効果を与えてくれているのだろうか?

食べ物は胃腸で、消化→分解→吸収→同化 という手順で栄養になっていく。そうした面からみていくと、この生ジュースというのは、ちょっと“乱暴”なように思える。

yasaijyu-su.jpg


崇城大学薬学部の前田浩教授の著書「活性酸素と野菜の力」によると、

植物のもつさまざまな栄養成分は細胞の中にありますが、その小さな細胞のひとつひとつは、細胞壁というセルロースの壁で囲まれています。でも、人間はセルロースを消化する酵素をもっていません。だから生の野菜をそのまま食べても、その野菜のもつ栄養成分の10分の1から100分の1しか吸収できていないと考えられる。
いっぽう、植物だけがもつ、フラボノイドやポリフェノールなどのファイトケミカル(老化や病気を防ぐといわれる)は、煮ても炒めても壊れることはありません。→熱を加えて調理しても効用がのこるということですね!

また、「教えて!goo」でも野菜ジュースについての質問に、ある医師が答えていて

「人参、レモン、小松菜、リンゴ」の組み合わせの生ジュースに対して、このジュースは弱点だらけ。小松菜はほうれん草よりは少ないもののシュウ酸が含まれていて、カルシウムや鉄分の吸収を阻害します。また、人参にはビタミンCを破壊する「アスコルビナーゼ」という酵素が多量に含まれています。

---------------------------------------------------------------------------------------
わたしの視点ですが、

どうも、朝の生ジュースにはイメージ先行のようなものがあって、青臭いものを無理して飲むんだったら、小松菜や人参はふつうに料理して食べたほうがよっぽどいいのではないか。

ミキサーで細かく砕く→栄養が吸収されやすい と思いがちだけれど、あれはミキサーの力をかりて細かくしただけのことで、野菜の細胞は消化液や酵素で科学的に体内で分解されなければ、からだは栄養を取り込むことができない。野菜の食物繊維は消化されないから(不溶性)腸の掃除という働きがあるのですから。繊維のはたらきを期待するのか? はたまた中にふくまれるビタミン、ミネラル、ファイトケミカルを吸収したうえで体内での働きを期待するのか、別のものだと思う。

私は、朝の果物は欠かさない。リンゴや柿など季節の旬の果物をそのまま食べている。

食事も大事。今の時代サプリメントも必要です!
オリジナルサプリメント&スキンケア →



posted by shinto at 10:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病の予防

弊社の「はだのさぷり」

2011年11月25日

※本日のメルマガより転載

先日は、キッコーマンの健康食品事業部のかたがみえました。
「はだのさぷり」に配合しているブドウ種子ポリフェノールは、キッコーマン社製なのです。

その方がこうおっしゃっていました。
「健康食品があふれていて、あちこちで宣伝されているけれど、消費者はこれだけあるともう選べないですよね」と。

同感でした。だからこそ、本当に個々のかたに合った、有効なものをアドバイスしてあげられる立場の人間が必要なんだと思います。でも、販売側の言うことは、ややもすると「売りたいから勧めるんだ」とか「販売トーク」にとられがちです。

『大手だから信用できる』も崩壊しています。これからは今まで以上にユーザーさんとのつながりを大事にし、信頼関係を築いていかなければいけないと思います。

--------------------------------------------------------------------
■ 「はだのさぷり」にわたしも感謝♪
--------------------------------------------------------------------

はだのさぷりを発売してもう5年になるんですね。私自身もお陰でいつも肌のコンディションが安定していてありがたいのですがいつもいい状態だと、ありがたみが薄れていけないですね。これが当たり前になってしまって!

永島に「じゃあちょっと飲むのを止めてみたら?」と意地悪を言われてそっちこそ!なんて話になります。うちの男性陣、60代の永島も、その息子30代のT君もなんと、はだのさぷりを飲んでおります。やっぱり男のひとも肌は気になるのですね。


--------------------------------------------------------------------
■ 「はだのさぷり」発売直後、日経ヘルスに掲載され!
--------------------------------------------------------------------

当時、アンチエイジングという言葉が流行りだして、見た目の若さや体そのものの若さが求められるようになってきてました。

はだのさぷりの主成分「ブドウ種子ポリフェノール」はキッコーマン社がバイオ事業部で開発した素材で、とても力を入れていたのです。弊社でもこの素材の働きに、とても魅力を感じて、採用することに。これが、5年前、はだのさぷり誕生のきっかけになりました。

「シミ、美白」もキーワードでしたが、同社の研究では、むくみへの効果や血流、生活習慣病などの働きも注目していました。最初のきっかけが“美容”であっても、飲んでいくうちに健康にもなっていく。そんなサプリだと思います。

発売直後には、日経ヘルスに連載で取り上げられました。
※記事は、はだのさぷりホームページに掲載

--------------------------------------------------------------------
■ 抗酸化成分が充実してそろっていることに着目するユーザーさん多し
--------------------------------------------------------------------

はだのさぷりの成分を見ていただくと、「活性酸素」の害を気にしている方はすぐわかるかと思いますが、抗酸化をとても意識した配合になっています。

主成分のブドウ種子ポリフェノールも幅広い抗酸化作用をもち「ポリフェノールの王様」なんて呼ばれ方もしますが、加えてビタミンC1000ミリ、ビタミンE100ミリ、ビタミンB群はそれぞれ30ミリという充実ぶりです。

さらにアトピーや、髪&爪に定評があるビオチンも、健康食品にいれられる上限量はいっています。

活性酸素はがんなどの生活習慣病の引き金になることも知られており、細胞を老化させる元凶でもあるので、アンチエイジングには、これに対抗する抗酸化作用のあるサプリが有効といわれています。

上記の配合成分は、それに合致したものになっており、男性の方々もここに期待して、はだのさぷりをお飲みになるケースも増えてきています。


--------------------------------------------------------------------
■ はだのさぷり ユーザーさんの声紹介♪
--------------------------------------------------------------------

今回は、おふたりのユーザーさんの“使用実感”をご紹介します。

○40代 Tさん(70日使用)

疲れが残るようになり、肌のくすみがきになり使い始めた。
“体と肌の健康”が目的ですが、いま朝晩1粒ずつ半分量で試しています。
カプセルは飲みやすいし、成分&含有量からすれば高くないと思う。
70日経過しましたが、疲れが残りにくくなり、肌のくすみも気にならなくなりました。
シミに関しては、半分量だと効果がないのか?変化がまだありません。


○30代 Tさん(30日使用)

肌荒れがなかなか治らなかったので、使ってみようと思った。
朝1昼2夜2という飲み方で飲んでます。
はじめは高いと思ったが、成分を考えると妥当かなと思う。
飲み始めて1ヶ月たちましたがはっきりとした効果はまだ分かりません。
ただ、くすみはぬけてきた気はします。
今までは単体のビタミンB,C,Eをそれぞれ摂っていたので、はだのさぷりは
全部1つのカプセルにまとまっているのでラクでいいです。
肌荒れとシミに効果がでてくることを期待して、しばらく飲み続けてみようと思います。

※おふたりには、アンケートにご協力いただきましてありがとうございました。
今後も忌憚の無いご意見をお願いいたします。


はだのさぷりについて詳しくはこちら→

そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 11:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング

下っ腹ぽっこりの原因に胃下垂(内臓下垂)が多い

2011年11月21日

下っ腹がぽっこりに悩むひとは多いのですが、やせていてもお腹だけがでているというケースがあります。
これは、胃下垂をうたがってみるといいです。やせた方に胃下垂は多いようです。やせているうえにお腹だけがぽっこり出ているので、ひじょうに気になるんですね。

胃下垂.jpg


なんと日本女性のおよそ1/3が胃下垂ともいわれています。 そのうち、症状を自覚している人はほんのわずか。西洋医学には、胃下垂状態をなおす完全な治療法はありません。

胃下垂とは、ものを食べた後、胃がその重さに耐え切れず垂れ下がり、骨盤の上を結ぶジャコピー線よりも、胃角(鉤状の曲がりの内側の最低点)が下にのびてしまう状態のことを言う。
胃そのものが下に下がっているのではありません。胃の上の位置は通常であって、下の位置がヘソよりも下に下がっている事を言います。
いわゆる長い胃になっている事を言います。胃下垂になると、他の臓器、例えば腸、腎臓なども下がってしまいます。胃下垂は内臓下垂症の中の一部分的なものです。

胃が通常より長いだけでは何も苦痛は感じません。胃下垂に伴って胃炎が起こっていると胃の痛み、食欲不振等が表れます。

胃を支えてくれる筋力や脂肪のないやせ型の人が胃下垂になりやすいです。胃下垂でやせるのではなく、やせたから胃下垂になるのである。そして、一見痩せて見える胃下垂の人の胃は、食事をすると腸の前まで垂れ下がり、下腹が出てしまう。

胃下垂は、胃アトニーを併発する事が多いとされます。胃アトニーは消化力が低下する為に胃に食べた物が長く留まり、胃もたれ、膨満感などが現れます。

胃下垂の悪い点
胃では胃液と共に蠕動運動(ぜんどううんどう)により消化活動をしている。胃下垂である胃を調べてみると、この蠕動運動をまったくしていない。胃下垂になると上手にものが消化できず、胃の中にものが溜まった状態が長く続き消化不良になってしまう。通常の胃の消化率に対し、胃下垂の胃の消化率は、およそ1/3ほど悪い。

[胃下垂の人の症状]
膨満感・ゲップ・胸やけ・胃の痛み・胃もたれ・便秘
胃が消化不良を起こすと、食べた物の栄養を十分に吸収できなくなり、その弊害として肌荒れなど、様々なところに異常が出てくる恐れがある。 その上に、消化できないものを必死に消化しようとするため、胃酸が多く分泌され胃酸過多になる。 消化不良でありながら胃酸過多となり、胃炎、潰瘍を起こす危険性の高い状態になります。
下がった胃は冷たくなり、冷たい胃のために、全身が冷え性になります。
冷えた子宮は、妊娠しにくくなります。
前立腺は冷え、肥大し、尿が出にくくなります。
便秘にもなります。
胃が下に下がると、下腹が出て背中が丸くなり、姿勢が悪くなります。



胃下垂で下っ腹がでている場合には、ダイエットをしたり、腹筋をしたりしても的はずれです。問題は胃が下がっていることにあるのですから。

胃の消化に負担をかけないようにすることが大事。大食いをしたり、消化の悪いものを食べたりするのも症状を悪化させやすい。ストレスや冷えによっても消化の妨げになるので、これまた下っ腹ぽっこりにはよくありません。

冬は薄手の締め付け感の少ない腹巻きをし(昼間も)、足も冷やさないように気をつける。冷たい飲み物も避け、暖かいものを飲むように。急いで食事をしたり、仕事のストレスをかかえたままの食事は胃の蠕動運動がとどこおり消化不良を起こしやすいので、ゆったりとした気持ちで食事をすることが大切です。

役に立つ体操は、むかし流行った「ぶら下がり健康器」。普段歩くときも、座っているときも、背中をまるめず、内臓を上に引き上げるようなつもりで意識するとよい。

胃下垂になるような方は、案外神経質で緊張型が多いよう。思い出したら「リラックス」と口にして脱力するといいです。腰、背中の緊張を解くのには「金魚運動」もおすすめ。やり方はとても簡単。布団やマットにうつぶせになり脱力します。腰を左右にゆらゆらゆするだけです。1日1回就寝前にやるだけでも。

できれば、プロテインの利用をおすすめします。朝から食事をしっかり摂ってしまうと、胃下垂の人は、消化で胃が疲れ、だらんと胃がたれてしまいます。朝は胃腸負担無く、それでいて栄養がしっかり摂れるプロテインドリンクが向いています。また、プロテイン(タンパク質)を摂ると、体内で熱が発生して体が温まるという効用もあり一石二鳥なのです。

オリジナルサプリメント&スキンケア そら →




posted by shinto at 13:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット

自律神経失調症から低体温症にもなる

2011年11月18日

「冷え」はあなどれない
体温が低下すると、新陳代謝が低くなるとともに、臓器の働きも鈍くなります。
心臓や肝臓、腎臓などの働きが低下してくるようになり、さまざな不調が起きてくるのです。また、体の免疫力も低下して病気にかかりやすくなります。

冷えイラスト.jpg


▼「冷え症」との違いは?
冷え症では、体温の高低にかかわらず、「手足が冷たい」「冷房が苦手」「靴下をはかないと眠れない」「お風呂に入ってもなかなか温まらない」など、冷えによって、つらい思いをしているのが特徴です。
冷え症の人は多くの場合、低体温のことが多いものですが、逆に低体温でもまったく冷えを感じない人もいます。そういう人は低体温に気づきにくいので、注意が必要です。

▼低血圧や貧血と関係ある?
低血圧の人は、末梢の血行が悪く、新陳代謝も低下するため、低体温になりやすいものです。
また、体温調節を行っている脳の視床下部は、血圧を調節する自律神経の中枢であるため、低血圧の人は体温が低い傾向があるのです。貧血も低体温と関係することがあります。
貧血の人では、赤血球や血色素が少なく、血流によって酸素を運ぶ働きが弱いため、新陳代謝が不活発になり、低体温をまねきやすくなります。

視床下部.jpg

▼年齢によって体温は変わるの?
基礎代謝量は、年齢が高くなるにつれてだんだん低下していきます。この基礎代謝とは、呼吸や血液循環など、生きていくために最低限必要なエネルギー消費量。子供のほうが基礎代謝が活発で、やがて年齢とともに減少していきます。そのため、基礎代謝の高い子供のころほど体温が高く、加齢とともに低くなるのが普通です。幼児の平熱は37.0度。成人で36.5度。高齢者で36.0度くらいになります

▼体温と体形は関係ある?
体内では、筋肉を動かすことで熱が発生するので、筋肉質でがっちりとした体形の人ほど、適正体温を保ちやすくなります。逆に、脂肪はあまり熱を発生させないうえ、熱を通しにくく温まりにくいので、脂肪が多い体形の人は、低温が低くなりやすいといえます。
体に余分な水分がたまった、ぽっちゃりとした水太りの人も、体に冷えがたまりやすく、低体温に注意が必要です。

▼子供にも増えているって本当?
大人よりも平熱が高いはずの子供に、低体温が増えているということが数年前から問題になっています
平熱が35,0度台という子供も多くなっているようです。夜更かしなどの不規則な生活によって、自律神経が失調状態になり、体温調節がうまくできない、運動不足で体の消費エネルギーが減少し、熱を産生しにくくなった、コンビニなどの普及で冷たい飲料物をとる機会が増えたなど、さまざまな原因が考えられます。

▼男性にも低体温はある?
女性に比べて男性のほうが筋肉量が多いため、本来は、男性のほうが低体温に悩むことが少なくなります。ただし、男性にも低体温の人はいます。
とくに最近は、やせてスリムな体形にあこがれる男性が増え、筋肉の少ない人も多くなっています。
不規則な生活などで自律神経失調ぎみの人も多く、男性だからといって油断は禁物です。

『低体温と冷え症の知識と予防法』HPより抜粋



血行をよくするとして知られている栄養素はビタミンE。
食物ではアーモンドやたらこに多く含有されています。

「そらのサプリ」では、マックスピア、はだのさぷり、サプリタイムに配合されており、もっとも含有量が多いのは、はだのさぷりで1日分で100mgです。

ちなみに、これをアーモンドで摂るとしたら、280粒分です。

そらのサプリメント


そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 11:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 快適な生活

火山灰土壌がカルシウム不足の一因

2011年11月10日

カルシウム不足は日本人の宿命とまで言われています。なぜ、日本人はカルシウム不足なのか?

毎年発表される国民栄養調査でも、10年以上毎年このことが言われ続けています。他の栄養素は足りているのに、カルシウムだけが足りていない。3人中2人が不足しているといわれ、世界的にも先進国の中では最低レベルです。

まず、理由としてあげられるのが、土壌の違い。火山国である日本の土壌には、カルシウムを豊富に含む石灰岩の含有量が少ない。ヨーロッパなどでは、この石灰岩のおかげで川や湧き水を利用した飲料水からカルシウムを補給することができているのです。また、そうしたアルカリ土壌で育った野菜、農作物にもカルシウムが多く含まれます。

日本はその逆。火山灰土はミネラルが少ない酸性土壌。だから、昔から畑に種を蒔くときには、石灰を蒔いてきたのですね。今でもそうです。カルシウムの少ない土壌で育った野菜は、当然カルシウムが少ない。

これが“宿命”といわれるゆえん。
私たち日本人は、欧米人よりも意識してカルシウムをとらなければならないのです。

カルシウムを含む食品.jpg

バランスの良い食事をして、食べ物からカルシウムをとることは大事ですが、吸収性やリンの含有などの問題もあり、一般の方が「カルシウムは摂れているのでは」と期待するほど、実際には摂れていないかと思われます。


カルシウムは毎日消費され、排出される!

カルシウム不足の生活が続いた場合に、一番問題となるのが「骨粗鬆症」です。体内のカルシウムは新陳代謝によって、毎日消費され排泄されています。その分補給されないと、骨に貯蔵しておいたカルシウムが血液中に溶かされ使われることになります。

骨の中のカルシウムが減って、スカスカのもろい骨になってしまいます。とくに、女性では閉経期以降カルシウムの吸収率ががたんと悪くなります。高齢になって、寝たきりの要介護になることなく、元気で自立した生活をおくるためには、骨と歯を丈夫にしておくことがひじょうに重要です。カルシウム不足は、骨だけでなく歯の健康にも影響しますので、閉経期以降の女性は、とくに所要量より多めにとるようにしたほうがよいです。

所要量は一日600mgといわれていますが、カルシウムの専門家によれば、600mgでは骨粗鬆症をくいとめるには十分ではなく、1000〜1500mgとっておいたほうが安全とされています。


沖縄でとれる化石サンゴカルシウムは汚染がなく安心。からだにやさしく吸収され、とりすぎて体内に蓄積などということがありません。また、カルシウム単独では無く、マグネシウム、亜鉛など人体に必要な微量ミネラルがバランス良く含まれているのも利点です。
海で育つサンゴの骨格には、海水のミネラルバランスとひじょうに似たミネラルが含有されています。

オリジナルサプリメント そら →
1本で400mgのサンゴカルシウムが摂取できます。サプリメントでカルシウムをとれば毎日決まった量が確実にとれて安心です。






posted by shinto at 11:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | カルシウム

秋冬の乾燥肌、潤いをとりもどすには地道な努力

2011年11月02日

乾燥肌(ドライスキン)の対策法とは、そのメカニズムは!


不規則な生活や、暖房の部屋にずっといたりすると、皮膚が乾燥してカサカサになったり、皮がむけたり、かゆみが出てきたりします。これがいわゆる「乾燥肌(ドライスキン)」です。以前は秋から冬にかけての湿度が低い時期に、一時的に乾燥するケースが多いとされていましたが、最近は、冷暖房の普及によって乾燥した部屋にいる時間が長くなっているため、一年中、乾燥肌に悩む人が増えています。

乾燥肌は、ホルモンバランスの乱れなどとの関係も指摘されています。また、加齢も乾燥肌の原因になっています。

皮膚は、表面から内側に向かって表皮と真皮の二層になっていて、その下に皮下組織があります。表皮の一番外側にある角質層は、体内の水分を蒸発しないようにするバリアの役目をしているだけでなく、水分をたっぷりと含んでいるセラミドやNMF(天然保湿因子)によって、角質層自体が水分を保持するスポンジのような役目を担っています。また皮膚の表面は薄い皮脂膜でおおわれていて、これも乾燥から皮膚を守っています。

肌の組織図.jpg

ところが空気が乾燥していたり、皮膚をこするなどの刺激をあたえてしまうと、角質層が傷ついて皮膚のバリア機能が失われるため、水分が皮膚からどんどん蒸発してしまい、乾燥肌になるのです。こうした原因のほかに、加齢によって皮膚が変化してセラミドやNMFが減ってくることでも、皮膚が乾燥します。

皮膚が乾燥するとかゆくなりますが、これは、乾燥した部分が過敏になって外からの刺激をかゆみとして感じやすくなっているためです。しかし、かゆいからと言って掻いてしまうと皮膚のバリアがさらに壊れるため、かゆみがさらにひどくなるという、悪循環におちいってしまいます。

乾燥肌の原因
・エアコンの長時間使用
・長時間の入浴と、石けんや洗剤の多量使用
・皮膚のこすりすぎ
・鉄分不足


乾燥肌は病気ではありませんが、お化粧ののりが悪くなる、年齢より老けて見えるなど、女性にとってはとくに気になる悩みです(ただし、重度の乾燥とかゆみは「皮脂欠乏性湿疹」という病気として扱われることがあります)。それから、乾燥肌が続くと敏感肌を合併してかゆみが出たり、シミができやすくなったりと、さらなる悩みが生じる原因にもなります。
こうした乾燥肌に対しては、日々のスキンケアとともに、ライフスタイルの改善が大事になります。


乾燥肌を改善するために気をつけること
・体を洗うときにナイロンタオルを使わない
・石けんは低刺激のものを使う。毎日体を石けんで洗う必要はない
・熱めのお風呂には入らない
・風呂上がりには保湿剤を体に塗る
・ウールや化学繊維など、皮膚に刺激のある被服を直接身につけない
・睡眠をしっかりとる
・緑黄色野菜を中心に野菜をたくさんとる
・鉄分をしっかりとる
・禁煙
・日焼け止めや、帽子、日傘などで紫外線対策をする
・加湿器を利用し、部屋を乾燥させないように
(ホットカーペットや電気毛布はNG)


以上、「Kampo view」よりお借りしました。

-----------------------------------------------------------------------------------

「乾燥を防ぐには、保水力のある肌をつくることが大切」

よしき皮膚科クリニック銀座 吉木伸子院長 


いくら外から水分を与えても、肌に水分をとどめる力(保水力)が無ければ意味が無い。
皮膚の最上部にある厚さ0.02mmの角質層には、水分の蒸発を防ぎ、外部の刺激から肌を守るはたらき(バリア機能)がある。角質層の中では、角質細胞がレンガのように積み重なり、セラミドなどの保湿成分が潤いを保っている。

けれども、秋になって気温の低下や、不規則な生活や加齢によって肌の新陳代謝が落ちるなどして保湿成分が不足すると、角質細胞の間にすきまができてくる。肌がかさつき、細胞の一部がはがれていく。これが粉ふき肌の正体だ。そのすきまから刺激がはいって、かゆみが出たり、ひりひりしたりする。

保湿成分が十分ある肌は、低い湿度でも乾燥はしない。洗顔後、保湿成分を補うお手入れや、規則正しい生活といった地道な努力が大事。

洗顔と保湿が、肌を若々しく美しく保つポイントです!
そら スキンケアblog →


オリジナルサプリメント&スキンケア そら →


posted by shinto at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 快適な生活