ごぼうにポリフェノール、さつまいもにビタミンCがある

2011年10月20日

ゴボウを食べると体には何にいいのでしょう?
ほとんどの人が“繊維がとれるから”と答えるのではないでしょうか。

たしかに繊維も豊富ですが、ゴボウにもポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールが含まれているものといって、まず多くのひとが思い浮かべるものは、ブルーベリー、ワイン、ココア、コーヒーなどだと思います。マスコミがよく宣伝していますから、みんなよく知っています。

でも、野菜には葉物にしろ根菜類にしろ、また果物にもポリフェノールはあります。
意外なところでは、このゴボウにも。

18ゴボウ.jpg
水にさらして、アクをとろうとしますが、このときせっかくのポリフェノールも流れ出てしまいます。ですから、長時間あく抜きをしないほうがいいですね。

ポリフェノールは、野菜の色や旨みのもと。

つぎは、サツマイモについてです。これもあまり知られていないことですが、サツマイモはビタミンCを摂るのにとてもいいのです。

ビタミンCというと、果物や、トマトやレタスなどの葉物に多いと思いがちですが、ジャガイモやサツマイモといったイモ類にも多く含まれています。
さらに、このイモ類に含まれるビタミンCは、とてもいい特徴があります。

18いも.jpg
ビタミンCといえば、熱に弱く、加熱したり茹でると多くが壊れてしまうことはよく知られています。

ほうれん草や白菜を、お湯で茹でると、ビタミンCは80%が失われ、残るのはわずか20%というデータもあります。
サツマイモは優秀です。1本(300g)にビタミンCはおおよそ100mg含まれており、丸ごと蒸かすと80〜90%ビタミンCが残存するそうです。輪切りにして蒸かしたり、茹でたりすると少し落ちて70%くらいになるようです。それでもすごいですよね。

こういう、毎日の食事で健康に役に立つちょっとしたヒントが、あまり知られていないですよね。


そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』

そらのサプリメント
posted by shinto at 11:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント