豆、納豆など植物性たんぱく質の消化吸収率は低い

2011年10月19日

タンパク質は筋肉や細胞など、ありとあらゆる体の組織をつくるための材料。
生きていくためには、毎日摂らなければならない栄養素です。

ところが、いかに、どんな年齢層の人でも、不足無くタンパク質を補給していくか、ということについてはあまり知られていなくて、栄養士や保健師などの専門家による栄養指導でも徹底されてないように思います。

例えば、身近な例では、納豆。納豆でタンパク質がとれているんじゃないか、と皆期待しています。
「私は毎日納豆を食べているから!」と自信をもっておっしゃる方もいます。

納豆.jpg
一人分にちょうどいいこのカップ納豆。30gで、タンパク質は4.7gです。食品の重さにおけるタンパク質含有率は16%です。

タンパク質は肉、魚、卵などの動物性タンパク質と、豆類などの植物性タンパク質があります。どちらがいい悪いということでなく、両方まんべんなくとることがいいと思いますが、植物性タンパク質にはデメリットもあることを知っておかなくてはなりません。

タンパク質PDCAAS.jpg

植物性タンパク質食品の消化吸収率は低い!

(ヒトにおける)タンパク質食品の消化吸収率を表すのが、
PDCAAS(Protein Digestibitycorrected Amino Acid Score)

このPDCAASによると、サプリタイムに配合のプロテインは消化吸収率100%。それに対して肉類は92%に低下。さらに、植物性タンパク質は70%以下になってしまいます。
つまり、同じタンパク質食品でも濃縮精製されたプロテインの消化吸収性はひじょうに優れているのです。

豚肉ソテー.jpg
これで豚肉約100g。肉のタンパク質含有率20%ですから、タンパク質量は約20gとなります。

タンパク質が足りているか? 食事から摂っている量でどれだけ充足しているのか? を考えるとき、タンパク質摂取量も大事ですが、食品ごとの消化吸収率も考慮にいれておかなければならないのです。
大豆など植物性タンパク質の消化吸収率は70%であり、肉はおよそ90%、プロテインは100%。
毎日の食事でタンパク質摂取量を充足させるのは、とても大変なことです。肉や魚を多くすればこんどは動物性脂肪を摂りすぎますし、カロリーもオーバーしてしまいます。

それを補うのに、プロテインは、非常に合理的で有効なのです。
さらに、吸収時間にも違いがあります。

プロテインは一般食品よりも、タンパク質の消化吸収性が優れているのが特徴!
 
肉や魚などの一般食品におけるタンパク質の体内への消化・吸収時間は3〜4時間程度かかります。

これに対し、「サプリタイム」のプロテイン(タンパク質)の消化吸収時間は15分〜2時間とひじょうに早くなっています。
この吸収性の良さによって胃腸などへの負担が少なくなり、いろいろなケースでのタンパク質補給が可能になるのです。

サプリタイム吸収時間.jpg


サプリタイムの利用が考えられる「いろいろなケース」

■仕事や学校など、朝からの活動のためにはタンパク質補給がとても大切。でも、朝食から肉や魚は食べられないという場合。

■お腹の調子が悪い時の栄養補給に。

■運動後30分ぐらいが筋肉を作るためのゴールデンタイム。このためのタンパク質の補給に。

■高齢になるほど粗食になりやすく、またタンパク質の消化吸収が悪くながち。その栄養補給として活用。

■妊婦、授乳婦はタンパク質量を増やさなければならず、食間などでのタンパク質補給ができる。しかも低カロリー。

合成した各1食(コップ&袋).jpg

1袋で15gのプロテインが摂れる サプリタイム
味はココア味、バニラ味 の2種類です。


サプリタイムのタンパク質は、大豆タンパク50%、ホエイタンパク(乳由来)50%です。


体内のカルシウム充足と放射性ストロンチウム汚染

福島第一原発事故から7ヶ月もたっているのに、放射性ストロンチウム検出のニュースがあとをたたない。

なぜなのか? 測ってなかったというのが答えであって、まえから放射性ストロンチウムは関東に住むわれわれの身近にも存在していたと思われる。

10月15日のニュースでは、横浜市港北区の屋上マンションの堆積した枯れ葉、可動していない噴水の底にたまった堆積物から、高いレベルの放射性ストロンチウムが検出されたのだ。

セシウムとストロンチウムは、90対10の比率で存在するので、セシウムが検出されれば、そこには必ずストロンチウムもあると考えるべきなのだそう。セシウムは比較的測定しやすいのだが、ストロンチウムは測定に時間がかかります。だから、なかなか発表されなかったのでしょう。

福島第一原発事故の爆発で広域に、放射性物質がまき散らされ、関東にまで到達した放射性物質が、そこかしこに堆積物としておきざりにされた。私たちは、意識を向けてはいなかったけれど、放射性ストロンチウムはずっと放射能を放出し続けていたことになります。

7ヶ月経過しても、いまなお放射線を放出している。セシウムの半減期(放射線量が半分まで減る期間)が70日なのに対し、ストロンチウムは18年とも28年ともいわれています。だからなのですね。

ストロンチウム.jpg

放射性ストロンチウムの問題は、骨に蓄積されて長期間排出されないこと。
そのため骨が被爆をうけて、骨がんを誘発したり、免疫細胞は骨髄でつくられるために「白血病」になったり、免疫力を低下させたりします。

免疫力の低下は、感染症にかかりやすくなるだけでなく、あらゆる“発がん”に関係してきます。

ストロンチウムと骨.jpg

予防は常日頃からカルシウムを豊富に

とくに問題なのが、成長期の子供です。骨にストロンチウム90が侵入して、被爆の状態が長く続くことは、子供の成長を妨げることにもなるからです。

つまり、放射性ストロンチウムの経口による内部被曝を予防するには、カルシウムを豊富に摂っておく必要があります。
骨にカルシウムが十分にあれば、カルシウムに性質が似た放射線ストロンチウムも吸収されにくくなります。逆にカルシウム不足だと放射性ストロンチウムは吸収し易くなってしまいます。骨密度が小さいとか、骨粗しょう症を疑われる人の場合などは、特に気をつけなければなりません。


カルシウムは水や土壌に多く含まれており、植物の場合はほとんどが根から吸収し、また動物の場合は飲水や食物などから摂取しています。そして人間の体内においては、カルシウムは骨に多く含まれています。
体内にカルシウムが十分あれば、問題の放射性ストロンチウムは入る余地がないので、自然に排泄されます。でも、カルシウム不足だと、放射性ストロンチウムがとりこまれてしまう確率が高くなるというのです。

日本人のカルシウム摂取量は先進各国と比較してもかなり低くなっています。

カルシウム摂取量推移.jpg


日本人のカルシウム不足は、火山国に生活する宿命ともいえます。火山灰の土壌はカルシウム分が少なく、酸性土壌で作物が育ちにくいために石灰をまいているほどです。野菜のカルシウム含有量もヨーロッパなどと比べると非常に少なくなっています。
こうして日本人は、慢性的なカルシウムの足りない食生活をおくっています。その結果、自分でも気づかないうちに骨の量が少なくなっているのです。


からだにやさしく、摂りすぎの心配がない「サンゴカルシウム」
汚染されていない沖縄の化石サンゴが原料
珊瑚の恵


毎日確実にカルシウムを補給することができ、カルシウム不足をひきおこさないように
対策がとれます。1本でカルシウム400mg


そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 15:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能