タバコは美容の大敵。皮膚の弾力性を失いしわを増やす

2011年08月26日

昨秋タバコが値上げされました。一時的に禁煙にトライするひとが増えたけれど、その半数以上は1ヶ月と続かなかったそう。

タバコは健康へ悪影響をあたえることも知られ、喫煙人口は徐々に減る傾向にはあります。ところが、タバコを吸う20代30代の女性は増えているといいます。これは、将来のことが心配です。

このまま吸い続けると、健康を害し、女性のがんが増えるのではと懸念されています。しかも生殖への影響も考えられ、不妊の一因になったり、早産や流産などの原因になることも広く知られています。

「タバコを吸う姿がかっこいいから」などとファッションで吸っているとしたら、考え直したほうが賢明。なぜなら、タバコは肌を老けさせるから。タバコを吸うと、体内のビタミンCがはげしく消耗され、活性酸素もできます。皮膚の弾力性を失わせ、しわを増やす元凶となりますので、美容の大敵といえます。

この写真を見れば、吸っているかたもすぐに止めたくなるでしょう!↓↓

米双子の老化差喫煙で.jpg

双子は成長しても同じような特徴を持ち続けます。ですから、条件を変えるとどんな違いが起こるか、という研究によく使われます。

22歳の双子の女性。片方は喫煙し、片方は喫煙しないでいた場合の40歳時を想定した。喫煙したほうは、顔色が悪く、しみやそばかすが増え、乾燥したしわの多い皮膚になる。歯にはヤニがつき、歯肉の色もどす黒い。タバコは10年以上老化を促進させる!

これを双子と考えずに、将来の自分と置き換えてみると面白い。「もし、タバコを20年近く吸い続けたらどうなるか?」という視点で。タバコは止めておこう、と決意するには十分すぎる証明。

こちらは、オーストラリアの禁煙ポスター。同一人物なのか、禁煙を意図した合成なのかは定かではありませんが、「恐ろしい!」のひとことです。


オーストラリア喫煙ポスター.jpg


タバコを吸っていて、いいことはありません。

悪い習慣はできるだけ取り除くことが、アンチエイジングにプラスになります。さらに、老化の速度を遅らせてくれると期待できる抗酸化成分を豊富にとることも有効。

そら株式会社 とは
そらのサプリメント→
posted by shinto at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング