トクホ・ペプチドもヨーロッパEUで却下されていた

2011年08月05日

トクホ・ペプチド商品もヨーロッパでは認められず
植田武智blog(メディア関係者)より抜粋

ヨーロッパで進行中の食品成分の健康強調表示(ヘルスクレーム)審査で、カルピス『アミール』、花王『ヘルシア』に続き、日本で新聞全面広告を飾るトクホ商品『かつお節ペプチド』も却下されたことが分かった。

効能の評価について日欧で差があることが明確になりつつあるが、健康食品業界の広告に大きく依存する新聞・テレビは、スポンサーにとって都合の悪いこのニュースを一切、報道できない。日本で許可された効能が外国では却下される理由を調べると、トクホの効果を調べる試験法に問題があることが分かった。

でかでかと全面広告を出しているのは日本サプリの「ペプチドエースつぶタイプ」という健康食品だ。「血圧が高めの方へ」と大々的な表示があり、「日本サプリメントのペプチドエースつぶタイプは血圧が高めの方に適した特定保健用食品です」「約9割の方が継続的にご愛用」とある。

かつお節ペプチドは、かつお節を加工してできるかつお節オリゴペプチドという成分に血圧降下作用があるということで2000年7月に特定保健用食品(トクホ)として許可された。生活習慣病への予防効果を示したトクホとしては最初期のものの一つだ。

ペプチド.jpg



しかし残念なことに、ヨーロッパでEUが進めている食品の健康強調表示(ヘルスクレーム)の審査において、昨年10月「証拠不十分」として却下されてしまった。
つまりヨーロッパでは朝日新聞の広告のように「血圧が高めの方へ」といった表示をつけて販売できないのだ。

これまでもカルピスの『アミール』や花王の『ヘルシア』などがEUではその効能表示が却下されている例を報告してきたが、日本のマスコミ、特に新聞では、一切情報が出ない。新聞を開いてみると一目瞭然だが、いまや健康食品関係の広告を見ない日は無い。トクホも含めた健康食品の市場規模は、ほぼ2兆円。近年落ちこみが続いている出版市場が2兆円割れを起こしているので、ほぼ同規模ということになる。

ましてやトクホは、一応国が認めたということなので、外国で却下されたとしても国内で販売する限り問題はない。しかし消費者にとっては、外国でどのように評価されたのかという情報は貴重であろう。

広告に表示されているグラフをみると一見効果がありそうだが・・・その実は?

ペプチド効果グラフ.jpg


そらとしての見解は

サプリメントは薬ではないのだから、これさえ飲めば血圧が下がるなんていうものはない。そもそも高血圧症は本人の長年の生活習慣に起因するものが大きい。生活習慣を改めることが先決です。

その上で、たすけとなるサプリメントを選ぶべき。
高血圧を改善するには、総合的に考える必要がある。

『そら通信バックナンバー 2011.4月号』
〜わかれば必ず下げられる!高血圧症〜


そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 11:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント

野菜ジュースは本当に栄養があるのか?

野菜不足を気にする人は多い。野菜がとれていないから、野菜ジュースでも飲んで少しでも補おうというのが、ジュースを購入する人の心理だろう。

では消費者は、この野菜ジュースをどのような動機で購入しているのか?−健康によい、野菜不足−という理由が5割近く、栄養があるという理由も3割以上となっている。
つまりは、多くの消費者が「野菜不足がこれで解消できる、あるいは補える」と考えているのは間違いない。でも、本当のところはどうなのだろうか?

野菜ジュース飲む目的.jpg


「1本で1日分の野菜を使用」などと表示された野菜ジュース類の多くは、「厚生労働省が推奨する1日の野菜摂取量350グラム」を下回る量の栄養素しか含んでいないことが、名古屋市消費生活センターの実施した成分分析でわかった。


「飲むだけで栄養素を十分摂取できると受け取れる表示には問題がある」として、消費者団体の主婦連合会は公正取引委員会と厚労省に実態調査をするよう申し入れた。

名古屋市消費生活センターによる「野菜ジュース」の成分分析の内容

成分分析は、野菜100%ジュース16銘柄と果汁配合の19銘柄で実施。ほとんどの容器には「1日分の緑黄色野菜を使用」、「1本で野菜350グラム」などと記されていた。野菜の摂取量について厚労省は1日350グラムを目標と設定。うちニンジンやホウレンソウなど緑黄色野菜は1日120グラムを目標量としている。

野菜ジュース.jpg


国民生活センターなどの目安では、緑黄色野菜(1日目標量120g)を食べると、▽総カロテン3640μg▽カリウム480mg▽カルシウム70mg▽マグネシウム30mgをとれるとされる。だが、35銘柄の分析結果では、総カロテンは15銘柄で目安量を下回り、うち2銘柄の測定値はゼロ。ビタミンCとカルシウムは、33銘柄が下回った。カリウムで24銘柄、マグネシウムも30銘柄が目安量に届かなかった。

5つの栄養成分全てで目安量を上回った商品はなく、逆に全成分で下回った商品は13銘柄あった。うち4銘柄は「1日分の緑黄色野菜」「1本で約100グラムの緑黄色野菜」と表示していた。分析結果について、消費生活センターは「野菜ジュースの栄養は1日分でなく、小鉢1皿程度と考えたほうがよい」と指摘。

国民生活センターの分析でも食物繊維は1/10、ビタミンCは18%の結果

下のグラフは、国民生活センターが大手メーカーの野菜ジュース(5銘柄)の栄養成分を分析した結果に基づき作成したもの。緑黄色野菜の基準の120gに比べると(ビタミンAを除き)ひじょうに少ない。しかも、肝心の食物繊維は1/10程度。野菜ジュースに多くの人が期待しているであろう“ビタミンC”についても18%しか含まれていなかった。

野菜ジュース栄養充足率修正.jpg

クリックすると大きくなります↓
野菜ジュース3種修正.jpg


抗酸化ビタミンを豊富に配合。チャイナフリーで品質にこだわった「はだのさぷり」
ポリフェノールの王様といわれるブドウ種子ポリフェノール『プロアントシアニジン』がたっぷり入って
リーズナブル。ビタミンCは、野菜ジュースとは比較にならない「レモン20個分の1000mg」
◆10日間のお試し 500円(送料無料)



そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 09:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント