食品添加物のリン酸塩が、カルシウムを奪う

2011年07月29日

食品添加物として、ありとあらゆる食品につかわれているのが「リン酸塩」。
アイスクリーム、スナック菓子、ハンバーガー、ハム、ソーセージなどにも!

この「リン酸塩」というのが、ひじょうに悪さをする。体内のカルシウムを奪っていってしまう。成長期の子供にはカルシウムが大事だが、子供の好きそうな食べ物にリン酸塩が多いのだから困る。

子供のカルシウム不足も深刻だ。そもそもが、小魚や野菜などカルシウムが多く含まれているものは、子供の嫌いな食べ物ばかりだ。逆にリン酸塩が多い食品は子ども達の好きなものが多い。

カルシウム摂取不足のところへ、さらに「リン酸塩」によって、体内のカルシウムを奪われてしまうのだからカルシウム不足に拍車がかかってしまう。

カルシウム含有量が少なくて、さらに“リン酸塩”によって
カルシウムが奪われてしまう「ハンバーガー」↓

ハンバーガーのリン酸塩.jpg

コーラで骨粗しょう症!?
 
骨粗しょう症。骨をボロボロにし、スカスカの状態にしてしまう。そのため転んだり、ときにはくしゃみをしただけでも骨折してしまうこともあるという恐ろしい病気だ。
 
この病気の原因は、カルシウムの不足、副腎ホルモンと女性ホルモンの不均衡、腸管からのカルシウム吸収機能の低下など、いくつか考えられている。

だがそんななか、食品中に含まれているリン酸が原因となっているのではないか、と指摘する人物がいる。医療ジャーナリストで食品問題を扱った『怖い食べ物」の著者でもある丹羽幸一氏だ。

「私のところに相談にきた41才の骨粗しょう症の女性ですが、話を聞いてみると15年もの間、コーラを毎日15、6杯飲んでいたというのです。すぐピンときました。コーラに添加物として加えられているリン酸塩が原因だったのだろうと。
かつてマウスを使った実験で、リン酸塩が骨細胞の活性化を弱くする症状が観察されたことがあるのです。体の代謝する力が添加物であるリン酸で弱められてしまうのです」。

丹羽氏の話に出てくる女性のコーラの摂り方は、一般的ではないにしても、リン酸塩の過剰摂取が体内のカルシウムを排出させてしまうことは以前から指摘されていた。

オニギリや幕の内弁当にまで!
 
現在、食品全体の80%が加工食品で、家庭の食卓にのる食品の65%が加工食品。その結果、1日80品目もの食品添加物を口にしていることになる。
 
たとえば、市販のオニギリと手作りのオニギリを冷蔵庫に入れた場合、手作りのオニギリは1日半で黄色くなり臭くなるが、市販のオニギリは20日間も変わらない

食品のリン酸塩.jpg


体内のカルシウムを減少させる「リン酸塩」を、加工食品から否応なしに私たちは口にしています。だから、より意識してカルシウムを摂らなければならないのです。

カルシウム豊富な水で、カルシウム補給!
サンゴの力 →


サンゴの力製品.jpg

カルシウム補給のサプリメント
珊瑚の恵 詳しくは →


恵120本.jpg
posted by shinto at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | カルシウム

氾濫する食品添加物。キトサンがリンを排出する

食品添加物.jpg
「今食が危ない!」UTAN より写真引用 

深刻! 食品添加物の多量摂取 (料理研究家 服部幸應氏談)

日本人は、食品添加物を平均1年で4s、多い人になると7.8sも摂っています。こうした状況がいかに深刻な問題かということを、食品メーカーと消費者である私達が一緒に考え、改善していかなければなりません。

その点、病院食などは病状に合わせてカロリーや栄養バランスが考えられ、完璧だと思われるでしょうが、私は病院側に「美味しい病院食を作ろう」と提案しています。病院食の欠点は、美味しくないことなのです。
まずい食事を摂ると、コルチゾールという副腎皮質ステロイドホルモンが増加し、免疫機能が下がり、病気が治りにくくなってしまうのです。
 
しかし、美味しい食事は自然に唾液が出て消化を促し、香りは脳を刺激してドーパミン、すなわちβエンドルフィンという快楽物質を分泌させ、幸福な気持ちにさせ、その結果免疫機能を高めてくれます。美味しいものを食べているときは、恋愛をしているときと同じであり、まずい食事は失恋と同じ状態だということが、最近の研究で分かったのです。

キトサンがリンを排除する

カルシウムの腸管吸収についてキトサン摂取群と対照群の差が見られなかったのに対し、キトサン摂取はリンの腸管吸収を有意に減少させた。キトサン摂取がビタミンDの吸収阻害ないしはカルシウムの腸管吸収に影響を及ぼす可能性のないことが示された。(早稲田大学院 人間科学研究科学位論文)

キトサンを利用した経口吸着材の研究でキトサンが化学合成薬品の副作用を軽減し、尿素、アンモニア、クレアチニン、尿酸などの窒素の老廃物に対して選択的に吸着除去することを実証。酸性を示す分子に対しても90%以上、リン酸化物質に対しても効率よく吸着除去することも報告され
た。(キトサン・ファイルより)

すべての物質はいろいろな分子が結合してできています。この分子は必ずプラス(+)かマイナス(−)のイオンに帯電しています。キトサンは(+)で重金属(−)を引きつけ、くっつける作用を持っています。

市販の缶コーヒーにも、タール系色素など添加物が多く含まれています。キトサンの溶液(キトサンの原末をクエン酸で溶かしたもの)を入れてみると、キトサンのキレート作用により、このような状態になります。

缶コーヒーを吸着キトサン.jpg

サプリメントを飲む目的は、栄養を摂るためだけでなく“排出”も重要なポイント!
キトサン配合の「マックスピア」⇒

オリジナルサプリメント そら →




posted by shinto at 10:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | マックスピア

沖縄の化石サンゴは、健康にひじょうに役に立つ

「サンゴの力」の浄水材をはじめ、「珊瑚の恵」「マックスピア」「サプリタイム」のカルシウム素材には、沖縄の化石サンゴを使用しています。

サンゴ採取エリア.jpg


よく「サンゴを使うと環境破壊になるんじゃないか?」と言われたりしますが、それは違います。

この化石サンゴは、寿命を終えたサンゴが何千、何万年にわたって風化し、砂状になって海底に堆積したもの。ですから、環境破壊とは関係のない、むしろ天然資源になっているのです。でも、誰でも自由に採っていいということにはなっていません。

サンゴ砂の採取は環境保護及び漁場保護の観点から資源の浪費を招かぬよう法律で厳しく規制されています。沖縄県条例により所定の海域より計画的に採取することになっています。

また、食品素材として用いられるために沖縄でも特にきれいな海域で、異物混入がなく、汚染の少ない「慶良間(けらま)列島周辺」の海域のものを使用しています。


※弊社「そら」は、平成2年設立のサプリメント製造販売の会社です。設立当初から、サンゴカルシウムに重点をおいてきました。それは、日本人が昔から慢性的なカルシウム不足の状態にあり、それが様々な健康をそこなう理由となっているからです。

そらの製品一覧はこちら

そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力