イメージで売れている『野菜ジュース』

2011年06月22日

某メーカー野菜ジュースの新聞広告をみて。

野菜ジュース修正.jpg

消費者がこころくすぐられるキャッチコピーがみられる。
・通販でしか買えない
・野菜が8種類もはいっている
・一億6000万本売り上げた
・おいしさと栄養がピークになる旬のものを使用
・志の高い契約農家が栽培

一見読んでいると、よさそうな気がするが、一番重要なことはこういう事柄ではない。
野菜ジュースを飲む理由は、たんに美味しいからということではないだろう。1本160ccしかないのに、210円するのだから、普通のジュースとは違う。それ以上の価値を期待するから飲むのである。野菜不足が少しでも解消されるなら・・・とか、ビタミンが摂れたらいいな、とか。健康目的なのではないだろうか

では、その栄養成分は?

クリックすると大きくなります↓

野菜ジュースの栄養.jpg

宣伝のほうには、「栄養がピークになった野菜を」とあるが、問題は加工段階でどれほどの栄養の損失があるかであろう。消費者がその野菜ジュースを飲んだときに得られる“栄養の価値”、そこが重要なのだ。
肝心のビタミンCが含まれてないのを知っているだろうか? 「野菜にはビタミンCがある」と多くの人は連想すると思うが、ビタミンCほど不安定で壊れやすい栄養素はない。時間が経てば減るし、熱を加えれば減るし、加工すればするほど減る。

この栄養成分表をみるかぎり、野菜ジュースは“気休め”といっても過言ではない。
宣伝では、この野菜ジュースを飲んでいれば、いかにも十分な栄養がとれているような印象を与えるが、「問題である」と言わざるをえない。

ココアグラス.jpg

かりにサプリタイムと栄養比較してみると、野菜ジュースにはタンパク質が1.5g。一方のサプリタイムには10倍の15gが入っている。
カルシウム(1日の必要量は600mg)は、野菜ジュース28mgにたいして、サプリタイムは300mg。ビタミンEは、野菜ジュース0.7〜3mgにたいして、サプリタイムは25mg。葉酸は、野菜ジュース9〜77μgにたいして、サプリタイムは100μg。

栄養補給のサプリタイム 詳しくは →


そらサプリメント →




posted by shinto at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント

女性のがん。【乳がん】マンモグラフィー短所は

女性のがん.jpg

早期発見に欠かせないがん検診
特徴知って適切に

2011/06/21朝日新聞参考に

女性特有のがんの罹患率はどうなっているのだろう。グラフをみると、乳がんが子宮ガンの何倍も多いことがわかる。そして、45歳から65歳までがピーク。国が勧めている婦人家系のがん検診では、乳房については40歳以上にたいして2年に1回、マンモグラフィーと視触診を。子宮頸部については20歳以上にたいして2年に1回細胞診を奨励している。

乳がんの早期発見のために、マンモグラフィー(乳房エックス線検査)はとても重要だが、短所も指摘されている。40代の10%以上が「要精密検査」になるという。超音波検査(エコー)による再検査を受け、がんが見つかるのはそのうちの数%という。

マンモグラフィーの場合、腫瘍と乳腺は両方とも白くうつるので区別がつきにくい。乳腺が発達している閉経前の女性は要精密検査(疑陽性)になりやすいのだという。

米国での乳がん治療の経験が長い聖路加国際病院の山内英子乳腺外科部長は、「乳がん罹患率は米国では年齢が上がるごとに増えるのにたいし、日本では40代後半がもっとも多い。乳がんで亡くなる人は欧米では減っているのに、日本はまだ増え続けている」と指摘。

“疑陽性”がでる可能性があることも理解しつつ、2年に1回は検診を受けて欲しいというのが、専門家の意見。




posted by shinto at 14:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん

サプリメントはなんのために飲むのか?が重要

サプリメントを飲もうとする目的は、“病気をしたくない”“若々しくいたい”“体調のいい状態で過ごしたい”ということだと思います。私共も21年間サプリメントを販売してきました。ただ、一般にはまだまだサプリメントの位置づけが正しく理解されていないようです。

なにか、魔法の薬のように捉えている販売者、消費者のかたが多いのは困りものです。サプリメントは薬でもなんでもありません。すぐ効く特効薬なんかありませんし、それは西洋医学の薬でも同じです。

生活習慣病予防のイメージ
クリックすると大きくなります↓
4つの原則.jpg


日本では、サプリメントという言葉は正式では無く、「いわゆる健康食品」が正式名称。これも変ですね。消費者にとって、ますます分かり難いものになってしまっているのです。

サプリメントは、食品にも含まれている“栄養素”を効率よく、豊富にとるためのものです。だから、本当は、はやりすたりなんかありません。昔から、カルシウムやビタミンCが大事と言われてきたように、今も変わらず基本的な栄養素は大事なのです。

目新しい聞いたことのない成分を、やたら宣伝したり、ブームにしかけたりすることがおかしいのです。広告にも罪があります。弊社では、サプリメントの正しい使い方、役立て方を消費者に伝えてサプリメントを継続して飲用してもらおうと、「食品保健指導士」の資格をとりました。健康のこと、栄養のことを、専門的にアドバイスしています。

消費者も、ただ「すすめられたから」とか、「今売れているらしいから」という理由でサプリメントを使いはじめても、よく理解していないわけですから、続きません。サプリメントを飲む意味、なにを目標に使い続けるのか!が明確でないと、サプリメント生活は続かないものなんです。

そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病の予防