震災後のライフスタイルの変化

2011年05月02日

震災後の電力不足による節電で「ライフスタイルに変化があった」と答えた人が7割にのぼるそうだ。調査会社マクロミルが東電管内の20代以上男女500名に調査した結果。(朝日新聞4/28掲載)

その内容はというと
・家で過ごすことが増えた(48%)
・家族と同じ部屋で過ごすことが多くなった(32%)
・徒歩や自転車で行動するようになった(30%)

夏の電力不足を乗り切るための備えをしている、また、する予定と答えたひとは43%で
その内容は
・電池式LED懐中電灯の購入
・充電式扇風機を予約した
・発電機器の購入
・朝顔やゴーヤで緑のカーテン など

弊社もご多分に漏れず、充電式扇風機を購入した。もうひとつ、変わったところでは、ネットで“ムシロ”を20枚くらい買った。
「何につかうんですか?」って。
そうなんです。ベランダや屋外のコンクリートからの照り返しがひどくて、建物があたためられてしまうので、ムシロを敷き詰めて散水しようという策!! 気化熱で涼しくなると仮定した。さあ、うまくいくかどうか・・・!

ベランダには、「緑のカーテン」も。実益も兼ねてキウイです。植えてから4年経ちますが、まだ“カーテン”と呼ぶには、枝の張り具合がいまひとつ。

キューイ.jpg

東電は、この夏の計画停電は無い、と宣言したが、節電は今後も続けていきたいと思う。社内も思いつく限り節電につとめています。事務所内の電気を消して、デスクごとの手元ライトでパソコンをあつかう、とか。やってみたら、案外問題なく出来るものですね!
posted by shinto at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | そらについて

茹でタケノコ保存に「サンゴの力」大活躍!

タケノコの季節ですねえ!
この時期になると、一気に出回り、ご近所や親戚からたくさんいただくことも多いと思います。タケノコは鮮度が大事!出来れば、その日の朝掘ったもの(朝どり)をその日のうちに茹でたほうがいいし、遅くとも1〜2日のうちに茹でないと、折角のタケノコがおいしくなくなってしまいます。

さあ。茹でたタケノコ。これもまた、一度には食べられないし、水につけておいても腐りやすい。毎日タケノコづくしの料理が続きますよね!

この茹でタケノコの保存に、「サンゴの力」が大活躍!! サンゴの力は、水道水を瞬時にミネラルウォーターに変えてくれる簡易浄水剤なのだけれど、塩素が無くなった水が腐らないで長持ちするように、食用に認可された“銀”を滅菌に使っている。※もちろん、有毒の水銀ではないですよ。

銀は、歯の治療で銀冠につかわれているように、細菌に強い。菌の繁殖を抑える優れた力があるんですね。ヨーロッパの王侯貴族は、好んで銀食器をつかっていたでしょう。

一度使い終わったサンゴの力で十分。ミネラルウォーターを作るのに使ったあとでも、まだ銀の効果はあります。このように、サンゴの力は、使い終わったあとも再利用ができるんです。

さて、茹でタケノコの保存に話しは戻ります。
たけのこ4.jpg

たけのこ3.jpg

サンゴの力を入れたとしても、ちゃんと冷蔵庫に入れて、水は毎日替えたほうがいいですね。
こうして使った「サンゴの力」は、最後は植木の根元に肥料としてまいたり、ガーデニングの土に混ぜたりして、きっちり活用してくださいね。

サンゴの力の滅菌作用メカニズム

初めての方に50リットル分たっぷり試せる「サンゴの力体験キット」
1000円(送料無料!)


滅菌データ小サイズ.jpg


そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力